大山参詣の諸道
大山参詣の諸道
大陸における本地垂迹説の起源と仏教の習合的発展
本地垂迹説の起源について
神宮寺成立の史的背景について
神仏習合の発展
多武峯妙楽寺の展開
摂関時代の御嶽詣
エビス神信仰の研究−エビス神を祀る神社の問題−
漁村におけるエビス神の神体
エビス信仰の伝播と神去来伝承の複雑化
大黒天考
大黒さま
毘沙門天と福
弁天信仰
江の島の支配と弁財天信仰
福神信仰の研究成果と課題
熊野信仰−その歴史と文化−
熊野神話と熊野神道
熊野神社と熊野山
中世後期の熊野
わが国に於ける補陀落信仰
熊野信仰の一考察−神仏相関の一齣−
院政期熊野詣と公家領荘園−奉仕者としての民衆を中心に−
熊野御精進について−その諸行事と遺址−
熊野九十九王子考
熊野詣と御師の発達に就いて
続中世檀那株の研究
熊野先達
熊野修験と大峯奥駆け
上野国兒持山之事
金毘羅信仰と民俗
金毘羅信仰と修験道
天正前後の象頭山−松尾寺から金毘羅金光院へ−
金毘羅と富士信仰−江戸の民間信仰−
住吉と金毘羅
北海道の金毘羅神社
金毘羅詣
金毘羅信仰と金毘羅参詣をめぐる覚書−民間信仰と庶民の旅を考えるために−
金毘羅往来筋村落の商業進展過程−備前南鹿児島の場合−
堀一郎先生の想い出
金毘羅灯篭の交通地理的意義
讃岐琴平の富籤
金毘羅の芝居
金毘羅大芝居創建の源流
金毘羅信仰の研究成果と課題
福神沿革概説
七福神の成立
福神信仰の系譜
疫神と福神
福神と厄神
水死体をエビス神として祀る信仰−その意味と解釈−
エビス信仰の源流
強腰礼讃
庚申経の研究
『庚申記』の三尸図について
庚申信仰試論−転換の論理としての庚申−
柴又帝釈天と庚申信仰
庚申信仰礼拝対象の変遷
守庚申より庚申待へ−十五世紀関東の夜念仏・月待と庚申待信仰−
庚申のまつり方と地方別諸相
庚申信仰研究のあゆみと展望
泰澄和尚伝記考
御霊信仰と天神
『泰澄和尚伝』試考
泰澄伝承
白山への道
白山修験道組織
越前馬場平泉寺の歴史的推移
道氏に関する一試考
中世白山の荘厳講
白山信仰と被差別
白山の祭神と信仰
龍行神の意味
白山信仰研究の回顧と展望
金毘羅信仰
山上の菖蒲−金刀比羅信仰の検討−
出雲諸社の神在祭と禁忌
神在祭論考
龍蛇考
出雲信仰収録論文解説
富士山信仰の発生と浅間信仰の成立
富士修験道
近世末期の修験と富士講
富士講
富士と民俗
南武蔵・相模の富士塚
北野天満宮の創建
南武蔵・相模の行者たち
北武蔵の富士講-○に正(マルショウ)講の地域と歴史−
江戸富士講の房総への進出
富士講と呪術
吉田御師の成立と近世におけるその活動
不二道の歴史観−食行身禄と参行六王の教典を中心に−
実行教と不二道孝心講
明治前期における富士講の糾合と教派神道の活動
富士浅間信仰の研究成果と課題
三猿塔(抄)
庚申について
庚申経伝来考−成尋阿闍梨の舶送か−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る