武蔵野の富士講
神奈川県における富士講の展開
関東の出羽三山講
木曽御嶽講の展開とその性格
日光山と関東の修験道
日光修験の成立と展開
日光山修験道史
近世日光山領支配機構の変遷
日光山の入峰修行−華供峰を中心として−
古峰ヶ原の信仰
日光東照宮の信仰について
男体山信仰
赤城山信仰
榛名信仰
精神的風土と日本宗教の型
南部藩における修験の活動
岩手山の信仰と修験
早池峯修験と妙泉寺
東北地方の室根山信仰と修験
栗駒山(須川岳)と修験道
金華山信仰の展開
蔵王山の修験道
陸前の山岳信仰とはやま信仰
男鹿本山・真山と山麓の修験道
男鹿半島の近世在地修験について
太平山信仰と在地修験
羽後式内社と保呂羽山信仰
鳥海山信仰と山麓修験
鳥海山と修験道
神室山信仰について
羽黒山松例祭と験競
羽黒山の霞と霞争い
羽州山寺の庶民信仰について
朝日連峰と山岳信仰
飯豊山の修験道
吾妻山の修験道
吾妻山・磐梯山信仰と恵日寺
山の信仰
山と日本人の祖霊観
山の神信仰と仏教
狩と山の神信仰
修験道と民俗
「東北民俗の会」と堀先生
修験道と神がかり
修験道と庶民生活
英彦山の修験道集落とその構造
岩木山まいり
近世における講の形式(上野国赤城講の場合)
富士信仰とミロク
木曽の御嶽講
山岳信仰と講集団
彦山の祭事と伝承
恐山の地蔵講とイタコ
地方霊山信仰の成立と展開
戸隠信仰と巳待ち
民間信仰の重層性
山岳宗教文献総目録
東北霊山と修験道
下北・津軽の山岳信仰
岩木山の山岳信仰
真理論
中世に於ける寺社の檀那株売買−熊野御師の特殊研究−
熊野詣−三山信仰と文化−
東北地方における山岳信仰の力士的概観
東北中世の修験道とその史料
金光教
修験道の浸透
羽黒山修験道要略
出羽三山を中心とせる宗教的修行について
湯殿山系の即身仏(ミイラ)とその背景
出羽三山とその宗教集落の盛衰
羽黒山信仰とその美術
羽前金峰山の修験道
羽州葉山信仰の考察
篦峰寺開創と十一面観音信仰
修験道と民間信仰
岩木山信仰と津軽修験
羽黒山睡中問答并縁起
羽黒山入峯功徳抄
拾塊集
出羽三山修験道史料目録
出羽三山史年表
民間信仰と山岳宗教
山と鬼
高野山の山岳信仰
高野山の山岳信仰と弘法大師
高野山における丹生・高野両明神
高野山と丹生社について
天野大社と高野山
三部書を中心として観たる大師の思想
高野山中院流の研究(序説)
高野山相伝の事相について
一遍上人と法燈国師
木食応其考
勧進遊行の聖達について
高野山の行人と山岳信仰
高野山領紀伊国荒河庄の研究
近世の高野寺領とその経済
理源大師及醍醐派修験道
当山派修験

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る