人生を狂わせる宗教を防ぐには
現実的解決策を求めるべき
日本の行政の違いを見すえた論議を
宗教界は自浄能力を示すとき
宗教界につきつけられた今後の課題
宗教団体・宗教法人をめぐる法律問題
宗教法人法について
宗教法人法と行政実例
宗教法人と実務について
宗教団体と個人情報保護法
宗教法人が提出した備付書類と情報公開法・条例
公益法人制度改革と宗教法人法制・税制への影響
信教の自由と平和基金指定納税制
アメリカの政教分離課税制度
アメリカにおける宗教団体の内部統治
欧米主要国の宗教団体法制と税制
宗教団体の公益性を巡る議論について
鳥海山御神事鑑
墓地使用権の性質および墓地経営をめぐる諸問題
[宗教法]判例研究
教団組織研究の課題
宗教組織と立憲主義
西本願寺寺法制定における「立憲主義」(下)−寺法編製会議を中心に
神社・寺院・町内会をめぐる土地紛争
第二次宗教法案関連資料
宗教団体法関連資料
日本における宗教と国家の関係
宗教法の諸問題について
政教分離の法文化的意義−宗教法学への一つの期待
シェイクスピアにおける法と宗教
墓地使用権をめぐる問題点
墓地使用権の法的性質
宣誓の意義について
加持祈祷の結果として人を死亡させた者の罪責
自首に関する一考察−高松地判昭39.3.23を素材として
宗教法人と民法八九七条の祭祀承継者
法人税基本通達15−1−1と宗教法人法六条との関係
寺院の公益性
信仰の自由と離婚
宗教法人法の歴史的意義
宗教団体の財産 離脱・懲戒をめぐる問題概観
山口地裁殉職自衛官合判決について
判決に現れた宗教法人の信者の地位
総代制度の変遷について
国家と宗教の分離−日本の相対的分離主義批判
戦友会における慰霊と「靖国」
本山・末寺と包括・被包括宗教法人寺院−本山と宗派一体化の問題
中近世における真宗教団の合議制−本願寺宗級成立前史−
西本願寺寺法制定における「立憲主義」(上)−寺法編製会議を中心に
信教の自由の保障−憲法学的にみた若干の論点
忠魂碑訴訟大阪地裁判決の意義と課題
忠魂碑と慰霊祭をめぐる歴史認識
[宗教法]判例研究
[宗教法]判例研究
宗教法をめぐる諸問題
下位宗教団体の離脱・分裂、財産紛争と裁判権に関する最近の米国判例Jons v.Wolf(July2,1979,443 US 595)の示唆
アメリカにおける教会財産紛争と国の司法介入をめぐる学説判例の素描-宗教財産紛争と裁判権-
真宗教団における改宗寺院の形態−山梨剣勝沼町三光寺
近世仏教における本末制度
政教分離に関する憲法感覚と憲法解釈
シュタインの日本政教関係論
西本願寺寺法制定における「立憲主義」(中)−寺法編製会議を中心に
住職の地位について
宗派離脱問題
宗教文化資源としての地域神社−そのコンテクストの現在−
自死者のゆくえ−僧侶なりの自死遺族支援の形−
落語で賦活する仏教DNA
「公共宗教」論の射程−現代社会における宗教の位置−
官製のの宗教運動−タイ上座仏教と教育改革−
聖なる遺骸のおかれるところ−巡礼ツーリズムのアトラクション−
伝統における連続性と変容−インド仏教の法統と現代ネパール仏教−
メキシコ・テピートのサンタ・ムエルテ信仰
巫者の鎖をたどって−現代の巫者に関する一考察−
ネットワーク宗教学
生活者のイスラム−エジプトの例を忠心に−
少数民族の伝統文化の変容と創造−中国貴州省トン族の場合−
信教の自由と政教分離の原則
宗教活動と法
墓地使用権の性質と、その相続
宗派離脱に関する類型的考察(2)
宗教団体内部の懲戒処分と裁判所法第三条第一項−近松別院輪番懲戒処分事件を契機として
いわゆる本山離脱の一考察
[宗教法]判例研究
[宗教法]判例研究
[宗教法]判例研究
先祖祭祀の変容
アジアの神学としての民衆神学の課題−民族主義から脱植民地主義へ−
モンゴルの民主化とキリスト教
現代日本における宗教性の行方−社会問題化する宗教、靖国神社問題、宗教の「社会貢献」の一年から−
ボーダレス時代の現代宗教問題
生命観にひそむ東西間の課題
エコロジカルでスピリチュアルな生命観
『松石刻印』叙
内なる自然とディープ・エコロジー
環境倫理と日本のアニミズム的文化
樹木葬と地域コミュニティ 対談司会村上興匡
よみがえる青垣の山
押田成人の霊性−土着からエティカ−
欣求浄土−事実と実践から希望を紡ぐ−
自分という自然に出会う−人と自然、他者、自分自身をつなぎ直す−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る