智証大師における法華経の解釈
『辟支仏義集』管見
日本天台の『理趣経』注釈
智証大師と伝法潅頂会
智証大師円珍和尚の園城寺再興とその意図
智証大師将来・大日経真言貝葉(紙本)について
HOW NICHIREN SAW CHISHO DAISHI ENCHIN
法道仙人の半生
円珍をめぐる文人たち
相応和尚像の変貌
慈円の孤独
叡山法印長舜の和歌活動
埋もれた室町期一学僧の世界
直談の語り手たち
宗淵上人の蒐集資料について−魚山叢書の編集と蓮寂書写本を中心に−
宗淵上人の古典模刻
法華経開版史上における宗淵上人の業績
宗淵上人と北野学堂本
宗淵僧都の天台教学 特に盧山寺流の教学について
台密史上における宗淵闍梨の業績
阿叉羅帖を中心とする宗淵の業績
定善義集解
智証大師と『大日経義釈』の序
日本大蔵経本円珍述大日経疏抄一巻について
円珍請来の阿毘達磨論書について
智証大師円珍と浄土思想
もう一つの止観法について
三観思想の起原及び発達
智証大師円珍の密教思想について
智証大師円珍の山王信仰
『五部心観』の五仏の特性
智証大師の書跡−中国書法との関連から−
日蓮の智証大師観
智証大師円珍の成仏論
『諸家相同異略集』について
中国請来四行本サンスクリット貝葉四本の出典解明における一二の問題
智証大師が見聞した禅宗
円珍の行実に関する日蓮の知識
説話文学の智証大師
智証大師と『占察経』
智証大師における菩薩戒
園城寺の成立と戒壇問題について
智証大師将来の仏教図像
園城寺と尊星王法
智証大師円珍に帰せられる仏陀観の意義
智証大師と大乗戒
『止観科説』をめぐって
智証大師円珍の仏身論
室生天台と智証大師円珍
『菩提場経略義釈』の検討
智証大師入唐求法と紫衣の関わりについて
智証大師円珍の別当和尚光定観
序分義集解
守護国界章(巻上之下)
決権実論
願文
最澄とその思想
勧奨天台宗年分学生式
安然和尚の菩提心義抄考
安然の即身成仏義私記とその脈譜
悉曇蔵と悉曇十二例に見える梵語について
安然の悉曇学とその展開
『金剛界大法対受記』所載の「合殺」について
安然和尚と真言宗
安然和尚と円戒−三聚浄戒説を中心に−
五大院と声明
平安期における教時の諍論について
密教の弥陀思想と安然
安然和尚と起信論−菩提心を中心に−
安然和尚の貧乏に就いて
五大院先徳伝考
五大院先徳の撰述に関する研究
東密に対する安然師の態度
授戒の三聖に就いて
悉曇章の異称に就いて
安然教相学に於ける資料論
安然和尚と声明の律学
安然時代に於ける僧綱僧位等に就いて
一仏思想を辿りて
一仏論
安然尊者事蹟徳行霊瑞篇
最澄との出会い
最澄の名句
最澄を知るキーワード
最澄を知る小事典
伝教大師入唐頃の唐の国情
伝教大師の真俗二諦論
羽黒修験と天台宗
鎌倉仏教における最澄
唐代仏教に関する説話の一齣
伝教大師と中国文芸
新修伝教大師伝考
天台法華宗付法縁起逸文考
伝教大師最澄と義真・円澄との間
九州中部における天台と真言
伝教大師の密教思想における諸問題
伝教大師入唐時の中国仏教
天台山国清寺の現状
篭山修行の思想
伝教弘通における修法と陀羅尼

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る