伝教大師と山林修道
伝教・弘法両大師当時の入唐路
顕戒論
顕戒論を上るの表
顕戒論縁起
山家学生式 付得業学生式・表文
天台法華宗年分学生式一首
天台法華宗年分度者回小向大式
比叡山天台法華院得業学生式
先帝御願の天台年分度者を法華経に随つた菩薩の出家となすを請ふの表
大乗戒を立つることを請ふの表
玄義分集解
東密所伝「最澄」本系統等の伝本
鎮将夜叉法について
大乗戒壇と菩薩僧
伝教大師と法華経
模象録
天台大師以前の天台山
伝教大師と親鸞聖人
大乗戒提唱と顕戒論
神宮禅院の悔過と入山修行について
最澄の天台法華宗について
伝教大師将来録追跡調査の試み
A CRITICAL SURVEY OF STUDIES ON THE LOTUS SUTRA
伝教大師の教判について
最澄晩年の思想とその歴史的意義
延暦寺の建造物複合の起源について
伝教大師著作・消息文中の外典章句摘説
恵檀両流門中の伝教大師
上顕戒論表の末尾を飾る「最澄識謝一行」について
叡山草創期の法儀について
伝教大師がめざした仏教
円の十善戒について
伝教大師入寂にともなう「奇雲蓋峰」の伝承について
伝教大師の道心と名聞利養
叡山における四種三昧院の展開
叡山の合議制
伝教大師相承の達摩宗
宗祖における「伝戒」と「護国」
最澄における一乗思想の発展
『天台法華宗学生式問答』(東寺本)の史的価値
いはを 創刊号
『末法灯明記』について
徳一著作考
隠密法華考−伝教大師の三種法華に関連して−
天台宗の古訓点について
伝教大師の生年に就いて−勝野隆信氏への反論を中心に−
伝教大師号の成立事情
伝教大師最澄の日蓮教学における地位
伝教大師の和歌
天台業と十住心判
伝教大師所伝の密教
最澄の一乗真実宣揚の意義
比叡山相輪トウについて
末法灯明記に関する考察
伝教大師と維摩経−法相維摩の日本的超克−
顕戒論のこころ
一乗忠撰『叡山大師伝』に見える村邑小学について
授菩薩戒儀と律蔵の比較
伝教大師生年考新議
伝教大師と般若心経
伝教大師の教育思想
伝教大師と現代
仏教者としての伝教大師
中国日本における僧制の発展
初期日本天台教団における智証大師
伝教大師を中心とした仏性論争について
天台法華宗伝法偈について
末法灯明記をめぐる諸問題
日本のダム
伝教大師の密教について
叡山の教育
伝教大師入滅後の天台宗教団
聖徳太子と伝教大師
円頓戒と禅戒
天台系高僧像について
伝教大師の入唐について
『根吼抄』その位置と本文
最澄と酒呑童子の物語
法華論と法華論科文について
禅浄双修と日本天台
釈最澄をめぐる文学交流
伝教大師の一乗戒源流考
伝教大師と台密
伝教大師と大日本の国号
伝教大師の仏典収集とその保存
伝教大師と法然上人の仏教革新
真盛上人と法然上人と伝教大師
宗祖撰「長講法華願文」流伝史の年表と私論
伝教大師の密教の相承に関連して
伝教大師「願文」について
伝教大師の入唐伝戒について
遮那業に関する一問題
伝教大師の遺言状
安楽集講録
天台大師御影供
四箇法要
天平写経「妙法蓮華経」八巻本の校異
施餓鬼会
「魚山余響」に残された御懺法講記録

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る