鑑真和上像
鑑真大和上将来の薬品
唐招提寺の開山鑑真和上
唐招提寺への道
天台宗史
宗祖大師伝
真盛宗史
原始仏教の持戒
全一のイ゙テア-南都における「華厳宗」成立の思想史的意義-
華厳の世紀−五台山仏教文化圏と東大寺−
『遊心安楽道』来迎院本の再検討と問題点
明恵『摧邪輪』の華厳思想
明恵と光明真言
明恵と『華厳経伝記』
親鸞と『華厳経』
「海印三昧」と道元禅師
道元禅師における身心-「華厳経」浄行品との関わりにおいて−
久米多寺盛誉について
宗密の三教思想と近世臨済禅-「原人論」と「禅海一瀾」の思想-
華厳宗形成的思想淵源與社会背景
法蔵的法界観
荷沢宗心性思想述評
《宗鏡録》中所見的華厳宗思想
人間仏教與華厳
大覚国師文集 華厳偏重思想
THE HUA-YEN VISION OF INTERDEPENDENCE:A CROSS-CULTURAL PERSPECTIVE
FAZANG'S LETTER TO UISANG: CRITION EDITION AND ANNOTATED TRANSLATION
CH'ENG-KUAN'S MEDITATIONS ON THE THREE HOLY ONES
NEW PERSPECTIVES ON THE SOURCES FOR CH'ENG-KUAN'S BIOGRAPHY
荊渓湛然に及ぼした華厳教学の影響
地獄−東と西−
中国における華厳系浄土思想
不空三蔵と『普賢菩薩行願讃』
五台山系華厳思想の中国的展開序説
澄観の華厳観法に関する文献の考察
初期禅宗と華厳−灯史・語録篇−
宗密と延寿
『仏国禅師文殊指南図讃』の諸本
中国華厳の祖統説について
宋代居士における『華厳経』受容について
道学と華厳教学
中国華厳の晩景
元暁哲学と華厳思想
義湘の世界観
義湘の教判思想
義湘華厳の『法界図記叢髄録』的理解
『三国遺事』における華厳思想
新羅王権と華厳思想
韓国華厳祖師海印寺希朗
均如伝再考−亡命の魂−
雪岑の『華厳釈題』に及ぼした澄観の著述
韓国仏教儀礼に反映された華厳思想
韓国華厳の特質
釈華厳教分記円通鈔の注釈的研究 7
国際捜査官
聖武天皇の詔勅に見える願と呪詛
五台山系華厳思想の特質と展開
為霖道霈『華厳経疏論纂要』の刊行と寄贈
中国華厳思想再構築への試み
新たなる中国華厳思想史
鎌田茂雄博士略年譜/著作目録
宗密以後の華厳宗
法華経より見たる、十地における法師の体系
華厳経における自在性の諸相
『華厳経』の信仰
敦煌写本中の霊弁『華厳経論』断簡
吉蔵教学と『華厳経』をめぐって
華厳思想の諸問題−華厳思想と華厳観−
中国華厳における法界縁起について−智厳の教学を中心として−
「華厳経」と声聞-「捜玄記」に華厳同別二教判は存在するのか−
賢首法蔵の生即無生観
華厳哲学における「力」の概念
法蔵華厳思想形成上に於ける『華厳経旨帰』の位置
華厳典籍に見られる「善悪」観・「業」論について
『華厳経伝記』の彼方−法蔵と太原寺−
大乗戒思想史
甦ってくる深い慈愛
生き仏と仰ぐ
一本のうちわ
管長さんという親父
管主さまの御慈光に浴した私
仏陀華厳−華厳経の考察
華厳経の思想史的意義
華厳経に見られる初期大乗教徒の宗教生活
縁起と唯心−十地経と龍樹とを中心に
華厳経学と如来蔵思想−インドにおける「性起」思想の展開−
唯心の追究−思想と体験との交渉−
華厳哲学の根本的立場−法蔵における実践の解明
ライブニッツ氏ト華厳宗
華厳学の典籍および研究文献
「十句章円通記」について 韓国華厳思想の発展に関する一考察
華厳教学への最澄の対応について
奈良朝華厳学の研究 I 寿霊「五教章指事」を中心として
李通玄における三聖円融思想の解明
大方広仏華厳経第一巻変相
釈華厳教分記円通鈔の注釈的研究 6
華厳宗の心所観
華厳一乗思想の成立史的研究
李通玄における光明思想の展開
新出資料『賢首宗伝灯録』の出現を喜ぶ

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る