高山寺神像・狛犬の作者について
高山寺石水院の神鹿
高山寺経蔵の調査と国語史学
「劫癈忘記」鎌倉時代写本の用語
高山寺本倭名類聚抄に就いて
紙背文書の散佚
密教の聖者空海
あるべきようわ
善妙神像讃
鳥獣戯画
信仰の要旨
覚鑁の神祇思想と三輪上人慶円
院政期仏教と覚鑁
興教大師「研究」序説
興教大師覚鑁の高野山入山について
興教大師と伝法大会−真然大徳創始の高野山伝法会について−
興教大師覚鑁の講式−その方法と東寺宝菩提院本の紹介−
新義の論議について 2
興教大師の倫理思想−浄土思想を中心として−
興教大師信仰の現代的展開
教化の視点と興教大師の一断面
ことばの呪術と瑜伽行
覚鑁「密厳院発露懺悔文」における「我等」と「我」について
死生の教育思想−覚鑁における死の行儀−
付法の系譜学−覚鑁研究の方法論問題点とその超克−
Kogyodaishi-Kakuban and Iconography in his GorinKujiHisshaku
THE ESOTERIC MEANING OF 'AMIDA'BY KAKUBAN
慈雲尊者の御本懐
今釈迦慈雲尊者
慈雲尊者と正法律
慈雲尊者と惟神の大道
『心月輪秘釈』について
大伝法院流の本系は月上院流か−新発見の玄証・玄朝本の謎をめぐって
興教大師の「懺悔文」作成について
『真言浄菩提心私記』について
興教大師の『真言宗即身成仏義章』考
『撰集抄』覚鑁上人説話について
アーディカルマプラディーパ「初行のしるべ」和訳
一大法身と一念について−「五輪九字明秘密釈」の成立考
高野山大伝法院をめぐる史料について−醍醐寺所蔵史料の紹介と翻刻−
興教大師における阿字観 3−新資料・仁和寺本『ア字観』−
興教大師覚鑁上人と浄土思想
興教大師覚鑁以前の高野山浄土教
興教大師と都率往生
往生の人証について
真言密教と往生思想
興教大師と平安浄土教
運敞僧正と孝養集
「清涼山記」攷−五台山における尊勝陀羅尼信仰−
根来の修験と葛城
興教大師における懺悔
覚鑁における一密成仏の意義
空海と覚鑁−解脱をめぐって−
懺悔の系譜
覚鑁密教の特質
覚鑁密教の目指すもの
興教大師覚鑁における華厳教学の批判と受容−「心」の理解をめぐって
興教大師の顕密対弁について
「六大」をめぐる課題の変遷
興教大師の教主義について
興教大師覚鑁の教主観について 1
興教大師による阿字観の展開
五蔵三摩地観の系譜とその特徴
転換期における絶対者論考−覚鑁上人における仏身観をめぐって−
カクバン上人成仏観肆攷
興教大師の尊格信仰
興教大師の如実知自心について
興教大師の曼荼羅観 1
覚鑁の行−求聞持法をめぐって−
興教大師覚鑁の三密思想
覚鑁所引の空海撰述について
大唐君臣の晃衝などの使者に対する礼遇から中日友誼の源遠流長を説く
空海入唐と鑑真東渡の比較
空海の書法、赤岸に凝情
空海の成功する要因を試し探る
空海及び真言密教の日本仏教史上における地位
弘法大師と虚空蔵菩薩求聞持法−『三教指帰』の序文をめぐって−
弘法大師空海における「法身説法」説の成立
弘法大師の東密と中国密教
中国密教の日本に東漸される歴史的検証−日本京都東寺所蔵の唐代の佛具金剛杵について−
中国密宗を復興される持松法師
日本と福建の仏教関係史略
空海研究の現実的意義についての私見
学海初記
隠元東渡の時間とその史跡考
大師文化宣揚事業について
弘法大師の理想と高野山の文化開展
弘法大師と日本精神
弘法大師と書道
弘法大師と美術
弘法大師の遺跡とその信仰
弘法大師とその時代の仏教
弘法大師時代の文化
刊行に寄せて
巻頭の詞
慈雲尊者の理想
空海の入唐およびその日中文化交流に対する影響
空海の中国文化伝播およびその貢献簡論
空海を研究し、中日友誼を弘揚す−『空海研究』における中日学者の成就について−
赤岸鎮探索−空海入唐1195年を記念す−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る