弘法大師の理趣経観
大師信仰について
弘法大師の四曼各々不離説について
民間における大師信仰
大師信仰とは何か
書評 和歌森太郎編著「弘法大師空海」
書評 那須政隆著「弘法大師の生涯を憶う」
弘法大師の引用仏典の特色
三人の通信兵
伝教大師最澄と円澄
風水思想の一局面 四神相応について
インド・ネパール等に行われている護摩(HOMA) その調査報告
密教の源流を訪ねて 帰国報告
密教美術の展開
対談 人と学問 小田慈舟大僧正
「密教の歴史」評に対する著者の見解
学会のなりたち 私のメモ
金剛頂経に於ける「印」の一考察
弘法大師の密教思想と日本仏教
真言宗における付法について
覚密の供養論「TATRARTHAVATARA」における
「大日経」における三世無障礙智戒
澄栄の「阿字観」に関して
覚鑁上人と求聞持法について
精神集中の位置とその機能 密教とヨーガと現代医学との対比
カマラシーラと密教 三句思想を中心にして
「大日経」具縁品蔵漢対照研究 1
シンポジウム 真言事相の現代的意義
シンポジウム 加持祈祷について
彌勒信仰の経過と弘法大師兜率往生の伝について
現流の保寿院流
御祈祷寺院住職の条件 護持院隆光の考え方について
御請来目録についての二、三の問題
弘法大師御請来の勧修寺所蔵仁王経良賁疏について
嵯峨大覚寺勅封般若心経の研究
図像(彩色)的にみた不動明王
考古学上から見た古代の楽器と宗教
初会金剛頂経におけるSUKHAの訳語例について
MAYAとMAYAVIN
入楞伽経の唯心説 如実知自心との関係
蔵漢対照よりみた「大日経」住心品における菩提心について
釈摩訶衍論の機根について
根嶺聖憲師の三密具闕説
東寺蔵「弘法大師行状絵詞伝」の一考察 詞と巻2にみえる「鬼神」の登場
蜻蛉日記「をとせでわたる森」考 長谷、伊勢同体信仰の源流
明治時代の仏教と欧米思想
対談 人と学問 中野義照博士
対談 人と学問 那須政隆博士 付:那須政隆略歴
初会金剛頂経の諸マンダラの名称について
初会の金剛頂経の哲学的構造
金剛頂経における「印」の一考察
プトンの「理趣経」註 1
ヴァイシェーシカにおけるイーシュヴァラの概念
帰依乃至廻向の倫理
曼荼羅の基本的理解−覚密の曼荼羅法略摂−
現世利益と成仏-ダラニ読誦の功徳を中心として-
大疏啓蒙について
祈祷について
発菩提心について
密教の悉曇
『不空羂索神変真言経』に説かれる水護摩について
毘盧遮那を中尊とするマンダラ・序論
『華積陀羅尼神呪経』に見る初期密教の特徴
『サーダナマーラー』「仏頂尊勝成就法」和訳およびテキスト
文殊具密流の伝える死者儀礼
「?ュ?y耶経」蔵・漢訳テキスト研究 6
『カダム全集』所収のリンチェンサンポの著作について
尊勝陀羅尼成立考
五姓格別の源流を訪ねて
『大宝積経』「摩訶迦葉会」に説かれる発菩提心
弘法大師の教学と釈摩訶衍論
真言について
宗祖大師の御伝記について
秘蔵記について
興教大師覚鑁の修行論
真言密教における五智について
不空三蔵の碑文について
高野山教団の経済史
護持僧考−護持院隆光の場合−
「即身」の哲学的境位
密教と和歌文学
真言声明醍醐流<理趣経讃>の二種の譜−唯律様と反音様について−
醍醐寺所蔵「雅厳授与記」
真言寺院におかれた年分度者
長谷信仰伝播と長谷寺の性格
近世南部藩における出羽三山信仰−『寺社記録』に見る諸問題−
薩摩坊津一乗院と紀州根来寺
遍路ブームと団塊の世代
四国遍路のいわゆる四転説の成立
戦後真言宗豊山派社会事業の展開
唐中期の金剛般若経疏
もう一つの共生社会論−施餓鬼の思想を視点に−
中国古歳時記中の仏誕日と習俗
善無畏の胎蔵大日解釈について
不二摩訶衍と一心二法二門論−『釈摩訶衍論』の基本構図−
『仁王陀羅尼念誦儀軌』について
般若理趣経の注釈的研究 三 「第二段 毘盧遮那理趣会品」「第三段 降三世品」
般若経の法身思想
法華経と観智儀軌
空海の出家と入唐

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る