わたしの密教学 殊にシンボリズムの権能とその制約の問題を中心*
弘法大師の文学と現代 その風景感覚と人間凝視
真言密教にまつわる伝説と信仰
空海と密教宇宙の確立
空海の夢
密教儀礼と空海
曼荼羅の心象
私の芸術と曼荼羅
弘法大師の思想の比較思想史的考察
密教の学問的性格
空海と現代
智慧と慈悲 弘法大師と現代
なぜいま密教なのか
即身成仏思想の流れ
入定と入定信仰 空海入定のインド仏教史的考察
真言密教の現代的理解
真言密教の現代的意義
真言学と密教学の方法論
弘法大師と如来蔵思想
東アジアにおける華厳力の諸相 新羅華厳と空海をめぐって
深層心理学と密教の哲学の現代的意義
即身の世界
真言密教に於ける時・人・法
追憶(下浦君のことども)
百万塔陀羅尼の解読
アルターパッテイ(想定) グル派の見解を中心として
後七日御修法の伝承について その1 後七日御修法について
造論の意趣に関するむシャーンタラクシタ
「理趣広経」蔵漢比較上の一課題
「Tantrathavatara」を中心とした「金剛頂経」の研究
Advayavajra研究(I)
不動尊信仰の本質
不動尊の法体とその信仰
仏教精神と教育
弘法大師の宗教と社会福祉
教育技術以前の問題点
お不動さまのこころ
那須猊下の米寿を祝して
猊下の米寿を賀し
精進を誓う
米寿賀頌
後についてゆこうと思う師
千葉の一夜
米寿をお祝いして
奴僕の行に徹して
掛け替えの無い師
猊下の謦咳に接し
法光に浴し
新たな感動
ご教導に感謝
密教神話の意味するもの
密教神話の源流
法華房鑁阿について
宗教社会学のために
高井隆秀教授略歴
高井隆秀教授論文目録
真言密教の特質 3
理趣経コータン語讃歎文の復元和訳
塔・仏母・法身
理と智
鳩摩羅什訳の特質 「維摩詰所説経」のばあい
近世における仏教教育 浄土宗檀林
比較文学と比較思想 特に弘法大師の「三教指帰」を中心として
六法ウパディシャ訳註 その1,トゥン・モの瑜伽
金剛智訳経典の仏身観
五相成身観について
識論における根と種子 「唯識二十論」第九偈をめぐって
Sadvitiyaprayogah インド論理学の一断面
「聖註」における梵と現象界の比喩
円載(2)
大坦の起源と象徴
頼瑜僧正について
進流声明の苦悩
世親の浄土思想の一側面
法華経における「分身」
シャーマンとその依頼者との一考察
ミーマーンサー派のbhavana研究資料
四十二章経と道教
印刷のはじまり 百万塔陀羅尼の印刷をめぐる諸問題
仏教と教育殿関係 沢柳政太郎論
宗団と教化とその方向
密教文学の内包としての花月の風流
高神覚昇論 師の思想史
中国の邪宗門について 先天教と竜華教
嵯峨の屋の小説論 「小説家の責任」論周辺
和漢朗詠集における部立「白」について
近郊農村における民間信仰盛衰の一考察 栃木市下田宿、仲仕上の事例
神と人間と神聖性 対極的二重性としての人間存在の一方の極にある↓
近代俳句と仏教 川端茅舎について
戯曲「ハムレット」の序幕
ガートルート・フォン・ル・フォール論序説
parikalpa 覚え書
MahabhasyaとVaisesika
梵蔵蒙対訳:寂天造菩提行経・般若波羅蜜多品(2)
禁戒(VRATABRTUL-SHUGS)大日経 金剛頂経を中心として
「大日経」住心品における心意識の展開 いわゆる三劫および十地段*
プトンの「理趣経」註 2
『声字実相義』の要旨
唐代後期純密の代表作と唐代後期密教史研究上の二つの課題
インド密教から見た仏教の輪郭

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る