『大日経』に説ける戒について
『大日経』における三世無障礙智戒
『大日経』の成立地について
奈良時代仏教の密教的性格
奈良時代の密教における諸問題
空海の生涯と密教
空海の生涯と思想
弘法大師の『出家入唐』
恵果阿闍梨との出逢い
最澄・空海交友考
伝教大師と弘法大師との交友について
高野山と丹生社について
高野山の開創とその意義
東寺の歴史と美術
漢詩文の興隆
空海の芸術
空海の書芸
真言密教の核心
真言密教の根本義
弘法大師と中国思想と
若き空海の批判思想
平安初期における即身成仏思想の展開
吽字義釈
真言密教における声論の構造
空海の「声字実相義」の世界
護身法
セイロンにおける密教の痕跡
インドネシアの密教
インドネシアの初期仏教
ジャワ発見密教要文の一節について
中部ジャワの密教
ボロブドゥールと『初会金剛頂経』
中国密教 解説
両部大経の核心
『金剛頂経』の性格
『初会金剛頂経』所説の教主について
『初会金剛頂経』の菩薩観について
『VAJRASEKHARATANTRA』の一考察
『金剛頂経』における愛についての一考察
「略出念誦経」と「ヴァロジュローダヤ」入マンダラ段について
『理趣経』と五秘密
『般若理趣経』付加句の付加年代について
仏教タントラリズムの展開 序−菩提心に視点をおいて−
三部と五部−『秘密集会タントラ』の構造に関連して−
タントリズム瞥見−サンヴァラ儀礼と教義−
〈ヘーヴァジュラ系タントラ〉所説の女尊と曼荼羅
「一切仏集会拏吉尼戒網タントラ」とその曼荼羅について
不空三蔵の密教について
時輪タントラ成立に関する基本的課題
大日経綱要序説
『大日経』住心品における大乗的なものと密教的なもの
九院事
中観思想の密教化
智としての秘密仏教の宗教理想
四種法身と三輪身の創設者について
法身と色身−法仏説法を中心に−
密教の法身思想
六大の哲学
サハジャ神秘主義
インド正純密教時代に興起せる法格崇拝とその起源
チベット・満蒙の宗教−ラマ教−
パドマサンバヴァとブータン
内外における蒙古密教研究の現状
インド・チベット密教 解説
中国における密教受容について
唐中期における密教興隆の社会的基盤
長安の西明寺と入唐求法僧
漢訳密教経典にみる国王観
于?tにおける漢訳密教経典考
一行禅師の密教と不空三蔵の密教
善無畏三蔵の在唐中における活動について
不空教団の展開
梵網経開題
般若の生涯
唐末の密教と蘇悉地
唐代の後期密教
スリランカの密教
曼荼羅抄
秘蔵記
秘密儀軌
西院流
安流聞書
太元法
中院流伝授記
三宝院伝授記 憲方
三憲聞書
神道伝授
倶舎論
因明論
十二門論
遊心法界記
五教章
法華玄義
インドの密教
タントリズム
インド思想史から見た真言密教
小乗呪と密教経典
初期密典の解脱観−陀羅尼の変遷をとおして−
金剛薩?Bの前身としての金剛手の研究
インドにおける俗信のタントラ的変容

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る