中国福建省の古塔
板碑研究史
城下町と連隊町−佐倉町と連隊町・・・佐倉町のばあい試論
佐倉歩兵第二連隊の形成過程
佐倉連隊の日常生活・・・昭和九年のある上等兵日記から
佐倉連隊関係資料
昭和戦前期における第五七連隊と佐倉の町並み
佐倉千葉連隊区将校団報「五七」の総目次
「さくら」「千葉連隊区将校団報」「五七」の総目次
民俗の自画像
秀品細見
日本人の原像
北の民 蝦夷とアイヌ
クマソとハヤト —南の民 熊襲と隼人—
熊襲と隼人 —南の民 熊襲と隼人—
古代の人口と寿命
四季折々の幸を求めて
技術の導入と発展
男と女
防長産緑釉陶器の基礎的研究
集大成としての江戸城
村落景観の民俗的意味-東西日本論序説-
日本の隔世代関係についての一考察-儀礼的隔世代関係,隠居論,隔世代祖名継承法を中心に-
初期平安京についての一試論
曲物の技術
宮古・八重山の所遣座「鍛冶例帳」における鍛冶材料鉄
満族を中心としたツングース系諸民族の音楽
異類婚姻譚の類型分析-日韓比較の視点から-
「王賜」銘鉄剣のX線的調査と銘文の表出
博物館とレプリカ資料
歴史系資料・事象情報化に関する研究-その経緯と基礎的課題-
電話回線を使った博物館環境のモニタリング-博物館保存環境データ収集解析解析システム(McDLAS)のパイロット・プラント-
博物館における防虫黴法の動向
皇子宮の経営-大兄と皇弟-
多賀城の創建年代-木簡の検討を中心として-
「田中本春記」について-長暦2年8月・9月条の紹介-
一の谷中世墳墓群の背景としての遠江国府
薄化粧の男
研究ノート 福島城・十三湊遺跡 1991年度調査概法
研究ノート 福島城・十三湊遺跡 1991年度調査概法
縄文時代の再葬
弥生時代の再葬制
石川県 (中部地方)
奈良県宇陀地方の中世墓地
中世群集墓遺跡からみた惣墓の成立
葬とまじなひ-入官以前-
真宗における葬送儀礼の形成-蓮如の場合-
道頓堀とベナレス-葬墓制と他界観の一局面-
「無墓制」と真宗の墓制
両墓制の空間論
両墓制の分布についての覚書
与論島の洞穴墓と改葬習俗
高野山と比叡山の会社墓
土田直鎮館長をお送りする
壷棺再葬墓の基礎的研究
弥生時代のブタの形質について
豚の下顎骨懸架-弥生時代における辟邪の習俗-
玉纏太刀考
武蔵国内の東山道について-特に古代遺跡との関連から-
宮内省の清粛
田中稔教授を偲んで
古代・中世の鋳鉄鋳物
甕倉出現の意義-中世経済の一側面-
家憲と先祖祭祀
大窯期工人集団の史的考察-瀬戸・美濃系大窯を中心に-
壷・甕はどのように利用されてきたか
近世における肥前陶磁の流通
興福寺の寺門領荘園について
高良宮造営役と筑後の荘園公領
「御用」請負人と近世社会
長者・旅所・政所
朝鮮三国時代における横穴式石室墳の出現と展開
研究ノ-ト 東大寺文書データについて
福田豊彦先生をお送りする
生業からみた縄文から弥生
縄文晩期併行期の奄美
「クマ送り」の系統
勅旨田に関する諸問題
合戦手負注文の成立-<つはものの道>再考-
中世丹南における職能民の集落遺跡
堅穴ノ遺風今尚各地ニ存セルカ
夜這いの解体・村の崩壊
日本語の源流
陸奥南部における古墳時代の終末
特定研究「東国古墳の地域的特性」研究活動の記録
北海道の土偶
古代の内神について-胆沢城跡出土木簡から発して-
倭京から藤原京へ-律令国家と都城制-
下毛野公時と金太郎伝説の成立
「殿上所充」小考-摂関期から院政期へ-
八条院関係紙背文書群
執権政治期の幕政運営について
仏堂納置文書考
消えていった習俗-諏訪上社の場合-
備後国太田荘政所寺院の興亡-今高野山の歴史・住侶・文化財-
祭礼を飾るもの-一つ物の成立と伝播-
日本列島における都城形成 2-近江京の復原を中心にして-
蕪木5号墳出土金銅製遺物の自然科学的研究
文字史料の整理をめぐる問題若干-福富家文書目録の作成を終えて-
蕪木5号墳出土金銅製遺物の自然科学的研究

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る