ヨーロッパの眼、アジアの眼−兆民の視座−
私観的史観7「歴史誕生」7
越の大王継体の子孫たち
密貿易で稼いだ清盛父子
死せる平清盛、生ける鎌倉幕府を倒す
極悪非道か、合理主義か 清盛の実像
隠された定家の美学
小倉色紙紙背歌集と「人もをし」の歌
松平春嶽の参勤制度改革案
日米の原点への旅
万次郎の末裔たち
奥州藤原氏と源氏との関係
平安京と平泉
頼朝の謀略
江戸の都市特性と長屋暮らし
江戸の雪
江戸庶民の住生活 町に住むことの意味
「歴史誕生」、私観的史観2
利休茶室「待庵」
「風来紅葉金唐草」と「織出蝦夷錦」の謎
「歴史誕生」、私感的史観 3
東の桃源郷 徐福について
日本人二重構造モデル
吉野ヶ里の去年と今年
風土からみた吉野ヶ里
もし三別抄の乱がなかったら
蒙古襲来前後の日本と蒙古・高麗
技術・経済・組織が飛躍した戦国時代
秀吉と長浜城
念仏・律・法華
外国人を驚嘆させた鎌倉の大仏
闇の時代
綸旨万能・謀綸旨・綸旨召返
世襲制は貴種尊重のあらわれ
天下人、徳川家康
王政復古の夜 あるいは、恩賜のするめ
相楽総三、島崎藤村、長谷川伸
年貢半減令をめぐる維新政府と民衆
戊辰戦争の諸段階と年貢半減令
「歴史誕生」、私感的史観 4
実朝の人間像
源実朝への接近
義満と義教のコレクション
「日本国王」義満の文化政策
太陽暦は近代の扉を開く鍵であった
明治の時報「ドン」
「歴史誕生」、私感的史観 6
オリエント文明の展開-文明の起源から古代オリエント世界の統一まで
砂漠の思想−遺跡の旅3
古代のアジア 先史時代から古典古代にいたるアジア文化の流れ
マヤ幻想−遺跡の旅4
「幻影」という役に・・・
地中海文明 古代から現代にいたる三大文化圏のるつぼ
探索と略奪と学問と−出会いの文明史断章
和同開珎と国債
アジアの銀
高松塚に眠るのはだれか
長屋王木簡からふくれあがる疑問
長篠の合戦
戦国時代の技術革新
築城の時代とその終熄
御為替御用達商人の活躍
大岡忠相の出世と町奉行
「公」に徹した政治家、大久保利通
天皇とマリアンヌ
「歴史誕生」、私感的史観
怨霊将門
謎の10世紀の人、平将門
鎖国政策は和冦への対抗手段だった 中国と日本の問題を中心に
和冦王、王直
東アジア海域における済州島民の活動
アイヌなくしては
近世の北方に開かれた二つの道
腐敗政治にメスを入れる 与力と検察
大塩平八郎の謎
恐きものの代名詞「黒船」
「スリカエル」と「スリヌケル」と
新しい歴史の発見 世紀別世界史の意義
歴史とものさし 晩年の「政子」の心情は理解できない
騎士の塔
草原の叙事詩、その心と表現 モンゴル口承伝説の背景をめぐって
歴史地図の作者として
十五世紀の日本人 世紀を代表するものは義政でも一休でも宗祗でも↓
オスマン・トルコとサマルカンド
“南蛮人”の見た日本人 憎悪と尊敬のプリズムが結んだイメージ
冒険者たちのふるさと
支那趣味の時代 フランス文化のなかに根づいた東アジアの影響
武士と頬紅
たそがれの少将 優等生松平定信の神がかり的プロフィール
歴史のなかの人間
ナポレオン二百年祭をめぐって
国際関係の接点アジア
孫文の日本妻
湖南人の原罪
日露戦争直前の日本海軍の戦略と戦術
ロシア史再考
一九二二年という年
旧作家の新活動 昭和初年の文学状況一面
サハラ断想 遺跡の旅 1
文明のあけぼの 人類の誕生から文明の発生まで

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る