鮨崎英朋−写実の人
立川文庫の世界
姦婦から殉教者へ
通俗小説の展開
「生ける人間」を描く
田中良−気品と誠実の画家
高畠華宵−美少年を描く抒情画家
華宵事件の真相
小堀進の水彩画-爽やかな詩情を筆に託して-
昭和前期の小堀進の活動
ヒューストン美術館のヨーロッパ絵画
ヨーロッパ絵画600年の伝統
西洋美術史を日本からみる
クレラー=ミューラー・コレクションのファン・ゴッホ
ゴッホの四季、ゴッホの人生
近世ヨーロッパの絵画−人間性の回復から自然回帰へ−
偉大な父をもったブリューゲル二世
コンスタンティヌスの結婚
自然との対話−クロード・ロランの風景表現
ジャン・アントワーヌ・ヴァトーの生涯
精神性は時代をこえて
フランチェスカの赤
木田安彦「ガラス絵」の特質
一途な入魂の制作
木田安彦氏の芸術・東・西との出会い
美はキダさんにあり
ひちのみちを踏むなかれ
一以上でも一以下でもなく
いなせ・おつ・はで・けれん
「逆・画竜点睛」のガラス絵
近代とバビロン
描写における人間と自然フランス近代絵画の世紀
ピカソの芸術的生涯
クリムトの描く「女」
ラウル・デュフィまたは洒脱の勝利
石井柏亭と近代美術
金子光晴のブリュッセルの絵
金子光晴 この偉大なエゴイスト
金子光晴追憶
金子光晴さんのこと
金子光晴の画業
金子光晴と春画
アルバート・C・バーンズとバーンズ財団
パリにおけるバーンズの蒐集
フランシス・ベーコン
坂本繁二郎の芸術
アメリカのジェリコー
写実、その永遠なるもの−椿貞雄の芸術−
椿貞雄とその時代
非礼を詫びる−椿貞雄さんの思い出−
椿貞雄とふるさと米沢・山形
内なるものへの眼差し 椿貞雄−鵠沼時代を中心に
千葉県船橋尋常高等小学校時代の椿貞雄
東西絵画の相違及び現代油絵の東洋化と自分の仕事に就て
作家のことば
ふるさとを描く服部正一郎氏
挨拶の躾
昔ごっこ
槐多と鐘下山房
槐多の自殺未遂
槐多の死
代々木の槐多
再び槐多のデカダン的生活
槐多君
槐多君を憶ふ
「槐多の歌へる」書評
近代日本洋画に見る裸婦
梅原龍三郎の歩み
ウィーン美術史美術館展について
ピカソ 愛と芸術のドラマ
近代日本洋画に見る肖像
絵画と社会・フランスの場合 18世紀から20世紀前半にかけて
今関啓司の生涯とその画業
風景・山水・山
山と人生
心にしみる山
ゴッホとフランス
イギリスの影響−都市と人間のタイプ
パレットコレクションをながめて
パリを描いた日本人画家たち
芸術家たちのマドンナ
雨やどり
男の芸術
田辺君の思い出
父を想う
宮本三郎の芸術
思い出すまま−色彩への陶酔
范・忙五十年−宮本三郎君と私
近代絵画における裸婦像の成立
序文:スペイン絵画・ベラスケスとその時代
序文:スペイン絵画・ベラスケスとその時代
17世紀スペイン絵画の特異性−ベラスケスとスルバランを中心として
ルノワール〈舟遊びの昼食〉とその周辺
ダンカン・フィリップス−目きき,批評家,パトロン
ジョルジュ・ビゴー探索
近代洋画に見る自画像
日本とミレー,その序論的考察
萬鉄五郎先生のこと
ジャン=フランソワ・ミレーのボストンの後継者たち
ミレー,コロー,クールベをめぐって

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る