「うがち」の勘繰り
狂歌寸感
川柳
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
狂歌
近松の生涯とその作品
曽根崎心中
丹波与作夜の小室節
けいせい反魂香
忠兵衛梅川冥土の飛脚
国姓爺合戦
平家女護島
紙屋治兵衛きいの国や小はる心中天の網島
女殺油地獄
虚実皮膜論
語り物の系譜
近松の時代浄瑠璃−そのための若干の問題−
近松の世話物について
死の道行
近松の描いた女性
近松と大阪の風土
近松浄瑠璃の操り人形
近松浄瑠璃の舞台化−上演をめぐる諸問題
近松、その即物性と呪述性
「業を負う者」としての近松
菅原伝授手習鑑
義経千本桜
大南北の世界
出雲から半二へ−出雲の「菅原伝授手習鑑」を中心に
近松没後の人形浄瑠璃
役者評判記とその世界
歌舞伎のかたち
家の芸と型の問題
武家義理物語
日本永代蔵
万の文反古
世間胸算用
西鶴置土産
西鶴の方法
詩から散文へ−俳諧師西鶴
西鶴の文体の特色と方法
西鶴と先行文芸−「文盲」であることの意味−
遊里と西鶴
西鶴と後続文学
西鶴と現代文学
俳?ォ師西鶴愚考
小人道より少人道へ−西鶴の少年期・武家物小考−
芭蕉の人と文学
発句
連句
笈の小文
奥の細道
幻住庵ノ記
芭蕉を移す詞
芭蕉とその時代
松尾家と芭蕉
芭蕉の人柄
芭蕉の生活
わびとさび
芭蕉と古典−その表現の手法をめぐって−
芭蕉と談林俳諧
芭蕉の無欲
月光抄−芭蕉管見
老人
宮古の文学
八重山諸島の古代文芸の概観
本土文芸の受容
ドラマのなかの姉妹神
土着の歌声
おもろさうし
おようのあま
酒呑童子
仮名草子概説
竹齋
仁勢物語
恨の介
御伽草子の伝本概観
お伽草子の本地物について
御伽草子の位相−「藤袋草子」断簡
御伽草子の和歌
仮名草子作者の教訓的姿勢
仮名草子と西鶴
御伽草子解説
文正草子
玉丹覚え書−鬼さんこちら−
マスプロ化されたパロディー
元禄文芸復興の基盤
好色一代男
諸艶大鑑(好色二代男)
西鶴諸国話
好色五人女
好色一代女

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る