説話集と口承説話
説話集と口承説話
説話文学の文体について
雨瀟瀟
女流ペシミニスト
清爽の世界
源氏物語
藤壷の宮
世をうぢ山のをんなぎみ
夕霧
兵部卿宮
女房たち
源氏物語のことば
平安中期の仏教情勢
源氏物語の地理
歌のない女
源氏物語私観
土佐日記
蜻蛉日記
和泉式部日記
身の上話とうわさ話−日記と歌語り−
日記と記録
紀氏流神人の地方拡散−下野・勝道伝承の質的側面
古今に独歩する児童文学としての「土佐日記」
ものはかなき身の上−道綱母の人生認識
家集から見た和泉式部伝−「和泉式部日記」まで
あづまじの道の果てよりも−「更級日記」の執筆
更級日記
断続の日記・連続の日記−男の時間・女の時間−
私小説としての「蜻蛉日記」
紫式部日記
色好みと色即是空−竹取物語の精神的背景
竹取物語
宇津保物語
うつほ物語の方法
民間生活における「かぐら」
うつほ物語の構造−あて宮求婚譚をめぐって−
影になったかぐや姫
うつほ物語の場合−またはものとひとの分離−
古今和歌集
後撰和歌集
拾遺和歌集
三代集の時代
三代集と初期歌合
古今集の歌の周辺
古今集の美しさ
古今集の植物について
後撰集の物語性ついて
花山院と公任−「拾遺集」における撰者の問題
六歌仙の対話
幻の世俗画−屏風絵と屏風歌のこと
右近と伊勢
枕草子
枕草子の性格
枕草子のことば
枕草子の和歌
枕草子にあらわれた美意識−色彩を中心に−
日記的章段の世界
枕草子随想的章段−その単純にして複雑なるもの−
類聚章段の読解方法について-「枕草子」に見られる地名(歌枕)考-
紫式部と清小納言
万葉集と紀貫之−和歌史観を基軸として−
ディレンマの中の「万葉集」
詩篇と儀礼
源氏物語と催馬楽
舞台台本「内侍所御神楽」
「志良宜歌」をめぐって
美としての記紀歌謡
記紀歌謡
神楽歌
催馬楽
歌謡と芸能−古代史の中で考える−
日本書紀の「童謡」
「物語」と「歌謡の利用」
在五中将と亭子の帝−皇位継承・皇親賜姓をめぐって−
伊勢物語と謡曲
伊勢物語と絵
伊勢物語・大和物語の文学遺跡
伊勢物語・大和物語の文体
文学的人物考「大和物語」における
大和物語と歌語り
伊勢物語の花たち
鄙のあわれ
伊勢物語
大和物語
物語とは何か−物語と〈書くこと〉
初期物語の本質
〈異郷〉論−中国の民間伝承と日本の物語文学
竹取物語の方法−文章構成の基本論理−
古事記
私なりの「古事記」
ひるは雲とゐ
大蛇退治、剱、玉
「古事記」の説話
「古事記」と古代史
「古事記」の系譜伝承
「古事記」の芸能史的理解
糸を吐く女
詩の始源としての神の名
「古事記」についての疑い

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る