観菊花偶記
居移気説
對月有感
山路観楓
個人到
故人来
母の慈 西詩意訳
二人の武士 西詩意訳
JAPAN AND ENGLAND IN THE SIXTEENTH CENTURY
翻訳 催眠術
詩伯「テニソン」
セルマの歌
カリックスウラの詩
A TRANSLATION OF HOJIO KI
倫敦消息
自転車日記
評論 老子の哲学
評論 文壇に於ける平等主義の代表者W.ホイットマンの詩について
評論 中学改良策
評論 英国詩人の天地山川に対する観念
「トリスラム、シャンデー」
英国の文人と新聞雑誌
小説「エイルイン」の批評
マクベスの幽霊に就て
愚見数則
詩歌俳句 附印譜
断片 明治32〜41年頃
作物の批評
写生文
文芸の哲学的基礎
創作家の態度
田山花袋君に答う
コンラッドの描きたる自然に就いて
明治座の所感を虚子君に問れて
虚子君へ
太陽雑誌名家投票に就て
日英博覧会の美術品
東洋美術図譜
客観描写と印象描写
草平氏の論文に就て
長塚節氏の小説「土」
文芸とヒロイック
艇長の遺書と中佐の詩
鑑賞の統一と独立
イズムの功過
好悪と優劣
博士問題とマードック先生と余
マードック先生の日本歴史
博士問題の成行
文芸委員は何をするか
田中玉堂氏の「書斎より街頭へ」
坪内博士とハムレット
学者と名誉
道楽と職業
現代日本の開花
中味と形式
文芸と道徳
文展と芸術
素人と黒人
私の個人主義
津田青楓君の画
點頭録
蚕とひな

父の書斎
出る芽
西片町時代
矢来町と作家
おもひで
吾輩は猫である
倫敦塔
カーライル博物館
幻影の楯
琴のそら音
一夜
薤露行
趣味の遺伝
坊ちゃん
草枕
二百十日
野分
虞美人草
坑夫
三四郎
それから

彼岸過迄
行人
こころ
道草
明暗 上下
京に着ける夕
文鳥
夢十夜
永日小品
長谷川君と余
満韓ところどころ
子規の画
ケーベル先生の告別
変な音

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る