親鸞聖人侠子の文献
東本願寺の創立と河原院趾の復興
宣如上人母公妙玄院とその書翰
親鸞教の人間理解 -真宗に於ける仏性の問題
親鸞聖人真蹟唯信抄散佚本断簡発見の顛末
性応寺累世の勤皇扶宗興学に就いて
濃尾三地方祖跡順礼の栞
住田先生と真専
住田先生を偲びて
住田智見先生を憶ふ
成徳院の遺風を偲ぶ
住田先生の事ども
故住田先生を懐ふ
慈信房善鸞の伝蹟
宗祖聖人の大師号願に就いて
聖徳太子と護国思想
慈信房善鸞の伝蹟研討の余瀝
三往生に就て
絶待止観 -智??の止観思想
「真宗教学之研究」を読みて
集諸経礼懺儀之研究
戒日王
宗教の人間理解
曇鸞大師の教化攷
往生論註解説
浄土論註と外典との交渉
八番問答釈の動向に就いて
広略相入をめぐる一考察
曇鸞大師の人間観
雁門教学に於ける他力回向の考覈
論註正定聚考
鰲巌集 1巻
曇鸞の五念門釈に就て
「論註」の七祖教学中に占むる地位に就て-特に上二祖との交渉を中心として-
親鸞聖人の烱眼に留まれる曇鸞大師的自然法爾の論理
讃阿弥陀仏偈研究に於ける方法的反省
「略論安楽浄土義」研究崖略
「七祖教学の歴史性」と「弥陀法」に就ての一考察
覚明房長西の浄土教
宗祖考
真宗教学に於ける西方浄土の意義の討究
浄土教に於ける神仏交渉発達論-広疑瑞決集と諸神本懐集に就て-
親鸞聖人の自然法爾観
天地一切合掌
女教職の問題
女性と神社奉仕 -女教職の問題
女執事と婦人宣教師 -女教職の問題
信仰のベース
禅と基督教
随感随録
仏教界の動向
天真道を語る -新興教団めぐり
玄奘塔の由来
俗人の構想
家庭養育 -特に里親制度を中心にして
宗教に関する民法法人の現況とその課題
モルモン教 -新興教団めぐり
閻魔と第六天と金輪際
神社本廳の民主化 -臨時審議委員会の暗示するもの
周易講義
日本を去るにのぞみて
カトリック教会の現状
神社神道人の希望
懺悔と新発足
本魂を掴ましめよ
新憲法と宗教
宗教教育に関する一考察
宗教法人の畸型児
日本再建と宗教
新国民運動としての宗教展開
基督教と社会運動
お光さまこと -新興教団めぐり
仏教界 -宗教団体の民主化
教派神道 -宗教団体の民主化
共産主義社会主義と宗教
税法の改廃と宗教法人税
宗教の社会化と個人化
社会的カトリシズムの問題
野末の社に仕えて
宗教界と追放問題
新らしい学習指導法に於ける宗教の問題 -宗学習指導要領(社会科編)の解説-
念仏 おしめ トルコ帽 -宗教にからんだ法律の話
宗教団体の民主化
仏教の政治理想
恵信尼文書第一通
悪の問題-神道学者への問い-
信教の自由について
神社の原初形態とその発達-神霊観と祭祀設備を中心として
仏教の直面する実際問題
宗教界の民主化を阻むもの
NEW NATIONAL FIFTH READER
教育と宗教
プロテスタント基督教伝来九十年
宗教に対する国民の関心 -世論にみる信教自由二ヶ年の梯階
東欧宗教迫害の展望 -法王廳の破門令をめぐる動向 1,2
宗教界の現状 -1848年の宗教界の展望
新興宗教の発生と教勢
宗制運営の隘路 -仏教の民主化
クリスマスの現状的意義
本門仏立宗とその系統の諸教団 1,2

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る