「G.L.A.」は、ジーエルエーにあります。
「JI」は、ジエイアイにあります。
「LR」は、エルアールにあります。
迫り来る地球の危機(JI 第20巻 特別増刊号)
「月刊 住職」は、ジユウシヨクにあります。
第一希有の行-「希有」と「諸有」-
機と偶然
人間の根拠と本願
呪術と宗教のあいだ-不空羂索呪の受容過程-
因位の開顕
説一切有部の基本命題
ラトナーカラ・シャーンティと龍樹
親鸞聖人と華厳経-特に涅槃・華厳連引について-
パーリ上座部の副業事説
「安楽集」所説の善知識について
仏前で「平家」を語るということ
願生浄土の宗教
機について
人間成就の道-願生浄土-
日本浄土教の展開と三願転入
華厳経に於ける菩薩の十大願について
四分律行事鈔懺六聚篇における懺悔の分類
大涅槃を証するについて
報土と化土
親鸞の仏性論
日本浄土教の展開と三願転入
アビダルマ仏教における判釈の諸相
真宗の宿業感
流刑の島、隠岐
平生業成と孫子
蓮如と道宗について-香月院講「越中赤尾弥七入道21ヶ条」の思想的特色から-
真宗仮名聖教に於ける「臨終一念の夕-大般涅槃を超証す-」と申す事に就て-
教巻に於ける出世本懐について
シャーンタラクシタの二諦説
現代における瞻病人-臨死患者のみとりについて-
宗教心の成立基盤 1 -三心釈の位置-
真宗教学の課題
パーリ仏教における布施説の一考察-UPASAKAJANALANKARAを中心にして-
仏教学よりみた真宗学への提言
「大経」重誓偈の諸貧窮
真宗教学におけるわれの問題-宗教学よりの提言-
日本人の生死と仏教
無量寿ということ
真宗教学の課題-教団の立場からの提言-
親鸞の生死観-横超断四流の意義-
「本宗寺」考 1,
真宗仮名聖教に於ける生死観に就いて
親鸞聖人と「華厳経」-特に善知識観について-
「賢劫経」における称名思想
善導の般舟讃の浄土教
李通玄の基本的立場
臨床からみた「生死出ずべきみち」
同朋思想と一子地
宗教心の成立基盤 2,3 -一者至誠心-
悉曇蔵
浄土荘厳について
大行を開顕された親鸞聖人-十八願に転入された聖人-
瑜伽行における法について
菩提流支と地論教学
基弁の「大乗五種姓玄論」について
パーリ註釈文献の語義解釈-DHAMMATTHITATA & THANATHANANANA-
瑜伽行派における滅諦観の特質
世親と衆賢 1,2
平生業成と人生生活
常修梵行の願について
念仏と社会
親鸞の帝王観
宗門混迷の底流を探り時機相応の新教学の台頭
念仏と社会
法爾の道理
生死いずべきみち
真宗の人間観-宗教倫理の問題点-
釈尊の生死観
「女人成仏」について
説一切有部の大乗批判-VAITULIKA-
二種深信
学仏道における危機-親鸞の叡山修学の問題点-
「四十八願名次第」に関する資料について
往生礼讃の浄土教
大経における本願住持力について
親鸞聖人と「華厳経」-特に「華厳経」引用の特徴について-
親鸞伝絵箱根霊告段の史的背景
浄土真宗金剛ヒ
唯識四分義-特に護法四分説について-
朝鮮浄土教における声聞観の種々相-
梵文断簡LAKSMANASAMYUKTA
現代韓国寺院の実態 2 -特に曹渓宗寺院の伽藍配置について-
念佛三昧経について
生死と神祇 -仏忌をしなくなる神-
真宗教学史の問題-真俗二諦論をめぐって-
仏教学と真宗学
入出二門偈頌試考-題号釈 1-
願生浄土の仏道-「論註」文前玄義を中心として-
本願力回向の信心
ミリンダパンハーにおける廻向説について
教行信証の思想的考察
善導の「観経疏」の浄土教
畢竟依-法然・親鸞における教判の問題-
大信の開顕-中道の実践-
現代韓国寺院の実態 1-寺刹の所在地について-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る