釈尊の遺物崇拝-菩提樹・法輪・仏足跡について-
一切経中の難易二行道に関する資料について-
仏説 念仏三昧経について-原始浄土経典(道教)-
報恩について
華厳一乗思想の成立史的研究-「捜玄記」玄談を通してみた智儼教学の位置及び背景について-
生死観を御自釈上に窺う
死からの問いかけ「臨床の知について」
親鸞における報恩について
真宗と報恩思想
恩とめぐみ
如来本願の救済は衆生本有の仏性
江?}と無量寿経
「源氏物語表白」の「東屋」の語について-遁世・浄土・穢土-
近世都市の真宗寺院
明恵の「華厳信種義」について-特に李通玄との出会いを通して-
トゥルファン出土梵文阿含経断簡
原始仏教における随念思想の形成
帰依せざれ、拝せざれと、冥衆護持
教如上人石山篭城の意図について
蓮如上人における真宗再興
菩薩十地説について 1
蓮如時代の教団
蓮如教学の中心思想
真の仏弟子妙好人
部落差別と宿業の問題
一念と多念
明恵「華厳信種義」について
他力廻向の信
ミリンダパンハーにおける業説について 1,2
信の浄土-浄土真宗と維摩経-
還相の利益
僧伝にみえる夢中托胎説話
宗意安心を表す用語に於ける宗祖と蓮師の異同に就いて 1,2
永遠の生
本願における唯除-人間の課題-
大行論の生成とその今日的課題
現生正定聚-「浄土論註」に依って-
二門偈逆観の課題と展望
後生の一大事と死の臨床について
唐道宣の戒体論について(序説)
正法の自己開顕
「現世利益和讃」について
呉訳大経の経題について
二門偈に関する2,3の問題
「今昔物語集」仏・菩薩霊験譚
仏陀最後の旅路とカピラ城
宗祖用語の2、3について 8〜11
韓国の浄土教について
現代韓国寺院の実態 3 -特に勤行と講院について-
如来本願の生起について
尾張五人男
宗門、近世から近代へ
近代仏教学の歩みとわれらの先学
真宗関係古浄瑠璃展開の特質-寛文12年11月まで-
覚如本「皇太子聖徳奉讃」と「大日本国粟散王聖徳太子奉讃」の奥書識語をめぐって
近代真宗学の歩み
難思議往生についての試解
明治国家と大谷派教団-特に公認教と宗教法案反対運動をめぐって-
人間成就の道-親鸞の「往生」の了解
本願三心論の一考察
涅槃の真因
如来二種廻向文
入出二門偈試考 2,4〜7
善導の観念法門の浄土教
空思想と虚無論
日本古代仏教における戒律の問題
建長四年の造悪無礙の社会的背景
DEATH AND DYING EDUCATION(死の教育)について
「念仏為先」から「念仏為本」へ-新発見の善導寺本源空像をめぐって-
真宗仮名聖教に於ける往生の教えに就いて
唯識の仏性問題 1
真理概念の大乗アビダルマ的分析-善心所における信を中心として-
願生浄土-真宗の安心-
蓮如における女人往生について
「教行信証」序の一考察
「安楽集」三身三土義における「報化」解釈
浄土教における生因思想-聞名と称名-
親鸞の経典解釈
宗教者と靖国神社-中曽根首相公式参拝違憲訴訟をめぐって-
親鸞理解の推移について
鈴木大拙の自由論-禅と真宗の自由な世界-
親鸞聖人の報恩観における伝道的立場
真宗と倫理-倫理に取り組む基本的姿勢-
歎異抄第三章に関する佐藤説批判
念仏における主体性と社会性の問題-岸本宗教学を手がかりに-
親鸞における夢の意味
日渓法霖の教学
親鸞浄土教と西田哲学 1
五悪段の検討-その成立をめぐって-
浄土経典における「聞」の一考察
三心一心論 上 -「真宗百論題」私考-
真宗に於ける真俗二諦論の研究
親鸞における対面的人間関係-相談伝道の視座から-
無量寿経の生因思想 上
見仏と聞名
縁起の生命倫理学−人クローンに関する浄土真宗からの一考察−
真仏弟子釈の一背景
真宗と「脳死」・臓器移植−アンケート調査を分析して−
善導大師具疏の研究-種々の三昧に関して-
報身如来としての名号の役割

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る