法隆寺百万塔陀羅尼断片の発光定性分析についての解説(百万塔陀羅尼研究資料 2)
聞信義相論 下−「真宗百論題」の研究−
親鸞の罪業論-その根拠と超克の論理-
略論安楽浄土義の一考察
親鸞における「仏智不思議」−「はからひ」とは何か−
真実教の形而上学 上−親鸞「組織真宗学」言論における「教」の哲学−
「愚禿鈔」と「観経疏」三心釈
存覚の念仏往生説
浄土三部経における往生思想
煩悩成就と不断煩悩得涅槃
親鸞の十念思想
金子大栄研究ノート−少年期修学歴をめぐる諸問題−
日本人の宗教観と死生観
近世初期真宗教学の変貌−「私観子」からの考察−
情意の世界としての宗教−影現する法蔵菩薩−
唱導家・聖覚と親鸞
親鸞聖人の真仏弟子釈における伝道的立場
シルクロード研究の新地平−雲崗研究の新展開−
慈慧大師良源の浄土教 1−『極楽浄土九品往生義』を中心として−
仏教生命観の特質−縁起思想の意義−
存覚における父母に対する報恩思想−「報恩記」を中心として−
浄土教における浄土観の展開
親鸞における「浄土真実」と「浄土方便」の構想
真宗教学における五逆・謗法・一闡提の位置づけ
「阿弥陀経」の意義についての一考察
FREEDOM AND SAFE-GUARDEDNESS IN SHINRAN AND HEIDEGGER
私の中の親鸞
「自然」概念の再検討
アメリカにおける仏教・浄土真宗の魅力
親鸞思想における「常行大悲」の意味
法然と親鸞の「観経」三心観
親鸞の如来観
和語聖教にみる親鸞の念仏思想
阿弥陀仏の浄土-阿??仏との比較において-
仏教寺院の西と東
真宗聞法学の一考察−人間尊重のアプローチ(P.C.A)を契機として−
親鸞思想批判論の研究-「教行信証破壊論」の考察 1-
証空における救いの構造−行門、観門、弘願を中心として−
<真宗伝道史>研究・序説
無我と他力
親鸞教学における主体性の問題
親鸞における「真実性」の問題-信心の自己確認について
THE VISIONS OF VAIDEHI:TARANSFORMATIVE SYMBOLISM IN A VISUALIZATION PRACTICE
親鸞における実践の論理構造
親鸞における自力の意義
日本人の宗教意識と浄土教
蓮如における機根観の教学史的考察
明治期の仏教青年会運動 上 -大日本仏教青年会を中心として-
道綽浄土教の研究−浄土観を中心として−
存覚における悪人正機説の展開
「三帖和讃」の選述
日本教学研究所の研究 1 -その基本的性格をめぐって-
三罪録
「一つところへまゐりあふ」と日本的心情−芥川龍之介の「おぎん」を題材として−
往生思想の研究-往生伝を中心として-
「高輪仏教大学廃止反対運動」関係史料の再考−「教界時事」の史料的価値の再確認と反対運動の実態解明−
親鸞に於ける教の意義
浄土真宗と言葉
親鸞とその門弟における死の受容-覚信・慶信との交流-
親鸞における名号本尊の思想
真宗における神祇観
ON CELEBRATING OUR FAITH
親鸞の「宗教的人格」について-現代における真宗念仏の実践-
親鸞における信と肉体性-道元の身心把捉と比較して-
和語聖教における正定聚釈の特色
「浄土三経往生文類」の一考察−親鸞聖人の三経観
信心における行為の問題 1 -「行巻」「信巻」を手がかりとして-
親鸞の仏身・仏土観−和語聖教を中心に
親鸞和語聖教と曇鸞教学−その相承と展開
還相廻向論
親鸞書簡に表れる伝道的立場−「末灯鈔」・「御消息集」を中心として
蓮如上人と御詠歌
「尊号真像銘文」の考察
阿弥陀仏論の研究
岐阜県の仏像
真宗からのターミナルケア試論-死にゆく人々と共に-
「皇太子聖徳奉讃」の一考察
中国三祖の十念思想 1 -曇鸞の十念思想-
覚如教学の特質とその背景 1 -覚如教学の成立過程と諸研究の検討-
悪人正機説における悪人の概念に就いて 4
念仏と称名
親鸞書簡における信の論理構造
真宗助正論の一考察
親鸞における光明思想
法然浄土教における三昧発得の問題
「選択相伝御影」について
親鸞の末法観についての一考察
「教行信証」と「一念多念文意」
真宗伝道における説教の研究−説教の構成について−
「即得往生」の意義について
TRUTH AS DIALOGIC EVENT AND AUTHENTIC LIFE IN SHINRAN
TRANSMISSION OF SHINSHU IN AMERICA
親鸞の和語聖教に於ける本願成就文釈-特に「即得往生」の解釈について-
「一念多念文意」と「一念多念分別事」-背景としての諍論と両書の教学比較考察-
「尊号真像銘文」における書誌的問題点の整理
親鸞思想における無碍
親鸞とその門弟における死の超克 -乗信・有阿弥陀仏・随信への書簡等にみる親鸞思想の円熟-
三仏寺蔵王権現像と胎内納入文書
曇鸞教学の伝道的性格−「往生論註」の譬喩をめぐって−
真宗における「いのり」の意義−法然、親鸞の用例を通して−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る