親鸞聖教の解釈学的研究のための一試論 -「歎異抄」の教説を手掛かりとして-
浄土教における死と慈愛−ホスピスとビハーラの共通性と独自性 1−
現世往生説の検討−上田義文博士の「親鸞の往生思想」について−
「行巻」の構造について−書誌的視点を中心として−
「一念多念文意」に表現されたる往生思想−書誌的視点を中心として
真宗仏性論の一視点
親鸞における「海」のメタファー
「唯信鈔文意」製作の背景について
親鸞の行信一念理解について 1−特に明恵「摧邪輪」の所説との関連をめぐって−
「末法灯明記」の意義についての一考察−親鸞の引用態度を中心に−
これからの浄土真宗
親鸞思想における疑蓋の意味
二一世紀の視点からの仏教思想
縁起の生命倫理学−智恵と慈悲−
円戒私記
浄土教における「不可思議」の語義
親鸞の「摂取心光」理解について
「教行証文類」にみる対外的姿勢−仏道としての枠組−
「御伝鈔」と覚如上人の伝道−東国門徒との関係−
日本浄土教における行業論の展開
法蔵菩薩の研究
NOTES ON SHIN BUDDHISM AND ECONOMIC GROWTH IN PREMODERN JAPANESE HISTORY:CAN THE RELATIONSHIP BE
中村久子の生死観と超越 上
道綽禅師と親鸞聖人
韓国浄土教における浄土教義研究の歴史と現状
なぜ、今、仏教が医療・看護・福祉の領域で求められているのか
「真仏土文類」における『論註』性功徳釈引意に対する一考察
FROM KYODANSHI TO INTERNATIONALIZED COMPARATIVE SOCIAL HISTORY:AN EXAMPLE FROM READING PETER BURKE ON “POPULAR
HOW TO TACKLE RELIGIOUS DIVERSITY ?−AN INQUIRY INTO THE COMMUNICATIONAL STRUCTURES OF THE EARLY SANGHA AND KING ASOKA'S EDICTS−
真宗教学史における来迎理解とその源泉
高度な土着技術をもったアンコール文明
ESSAYS
親鸞の時間性および自然思想の一考察−ハイデガーとの比較的観点から−
HOW TO ASCERTAIN ONE'S BIRTH INTO THE PURELAND ?-AN INVESTIGATION INTO DEVELOPMENTS DURING THE HEIAN AND KAMAKURA PERIODS-
現代教学における信の実践
「愚禿釈親鸞の名のり」−ご流罪八百年を機縁として−
真宗歴代における祖師観の問題−存覚を中心として−
THE PURE LAND,THE FINITUDE OF HUMAN EXISTENCE,AND DIALOGICAL ENGAGEMENT:'BELIEVE' IS NOT A VERB TO BE EMPLOYED IN THE FIRST PERSON SINGULAR.-LEVINAS
真宗救済の論理と内景
三願転入の普遍性
THE CONCEPT OF THE STAGE OF NON-RETROGRESSION(FUTAITEN) IN GENSHIN'S AMIDAKYO-RYAKKI(BRIEF NOTES ON THE AMIDA SUTRA)
医療・福祉の現場で求められる「物語性」についての考察−人間に生まれた物語性−
SHIN BUDDHIST ECOLOGY: GROUND UPON TENSION BETWEEN THE ACTUAL AND IDEAL
現代社会に巣食う虚無感を克服するために−妙好人の言行と仏智− 1
曇鸞の二種法身説-中国般若思想との関連において
『入出二門偈』における五念門行の主体について
妙好人輩出の宗教的社会機能−真宗の法座について−
現生正定聚の成立とその構造
江戸の仏師と造仏
親鸞思想における名号と称名の意義
『略論安楽浄土義』の思想背景−仏智疑惑論について−
仏教の宇宙観−須弥山世界と仏の慈悲−
宗祖と「涅槃経」
『浄土三経往生文類』に示される往生
宗教体験としての二河白道の譬喩
信の動態
『略論安楽浄土義』の問題点について−「浄土」の使用例を中心として−
「往生要集」における弥陀身土について
中国浄土教における教法表現
真宗伝道の実践研究−国際伝道の実状から窺う−
法然浄土教における三昧の問題
『安心決定鈔』における「機法一体」の宗教経験
『往生論註』の十念思想の一考察
中国浄土教と般舟三昧経
『一念多念文意』の撰述意図に関する一考察−「異学・別解」の釈を手がかりに−
天童の将棋駒
龍樹菩薩と親鸞聖人−『十住毘婆沙論』を中心として−
『教行信証』における「金剛心」の意味 1−引文を中心に−
親鸞の阿弥陀仏観
「行文類」における『安楽集』の引用意図について
親鸞浄土教における聞の問題
懈慢界の解釈−『群疑論』とその後の展開−
前田慧雲の漢学熟修学時代−学問・思想形成過程をめぐる一考察−
『大阿弥陀経』における善男子・善女人
真宗伝道学方法論の考察−真宗教義と伝道学の方法−
寺院活動における諸要因の関係についての探索的研究−第9回宗勢基本調査の分析経過から−
「行巻」にみる引文の考察 3 -龍樹から天親へ-
浄土教における死と慈愛−ホスピスとビハーラの共通性と独自性−
現代アメリカ仏教徒の宗教観と真宗伝道の課題−ピュー・フォーラム「全米宗教実勢調査」に学ぶ−
NOTRE JEUNESSE
法然門下における教判の問題-特に証空の教判論を中心として-
THE PERSPECTIVE ON THE ENVIRONMENT IN PURE LAND BUDDHISM
「化身土巻」(本)の構造について−書誌的視座を中心として−
浄土教における不退の思想
親鸞の宗教体験と表現 上−いわゆる「三願転入」の意義−
親鸞における信の構造
親鸞思想に於ける罪悪観の研究
『浄土文類聚鈔』の位置づけに関する一考察−「乃至一念」の解釈を契機として−
往生論注における阿弥陀仏論
「信巻」真仏弟子釈についての一考察 2−御自釈を中心に−
親鸞聖人の悲歎に表れる伝道的立場
真宗教学の論理構造-衆生の論理と仏の論理-
親鸞の夢-「女犯偈」の意味するもの-
親鸞の行信一念理解について 2−特に明恵『摧邪輪』の所説との関連をめぐって−
親鸞の現世利益観
『略論安楽浄土義』の性格について−「十念」の問題を中心として−
阿育大王
親鸞の宗教的人格形成と聖徳太子
聖道・外教釈の課題-自立的人格の形成をめぐって-
親鸞聖人の宿善観

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る