親鸞における「十万衆生」の意味
信心に開顕される実践の論理-親鸞の対世俗観を通して-
迦才『浄土論』における弥陀化土説の意義
教行信証の哲学−親鸞の「組織真宗学」序説−
生死に関する一考察-源信・法然・親鸞-
曇鸞教学における浄土観構築の論理
親鸞と華厳経
三願欲生論 上-「真宗百論題」の研究-
SHINRAN AND HEIDEGGER ON THE PHENOMENOLOGY OF RELIGIOUS LIFE(親鸞とハイデガーにおける宗教的存在の現象学的考察)
「教行信証」と「尊号真像銘文」 2
ECONOMIC IMPACTS OF HONEN'S PURE LAND TEACHING-AN INQUIRY INTO THE INTERPLAY BETWEEN BUDDHIST DOCTRINE AND INSTITUTION-
「信文類」逆謗除取釈についての一考察
親鸞伝と夢
THE POSSIBILITY OF AN ANONYMOUS SHIN BUDDHIST
真宗伝道論の研究−近世真宗の伝道−
龍樹浄土教の哲学的原理 1
親鸞教学における伝道の今日的課題と可能性
親鸞における生死の現実
親鸞の基点-生死観について-
六字釈の一考察−岡亮二師の所説を縁として−
大乗仏教の新しい展開-「真宗学」方法論の一考察-
親鸞における祖師観形成の問題
親鸞の善知識観
第十九願についての一考察
浄土真宗における聞の考察
念仏往生の意義
親鸞の獲信過程−「破錠」と「出遇い」−
親鸞の「はからい」考
他力廻向の研究
末法思想の研究
蓮如の社会倫理思想-その価値観からの考察-
「浄土論註」における二種法身説の教理史的研究
浄土真宗と諸宗教
「信巻」十二嘆名について-特に最初の二句をめぐって-
中世文学史における歎異抄の意義について
<悪人>の心理学的考察-その心的構造と行為規範に関する試論-
存覚における信の思想-真宗教学史における信解釈の問題-
親鸞の信心の立場と本覚思想
三願転入管見
日本浄土教の展開と親鸞教学
浄土文類集と浄土真要鈔
韓国仏教について
「教行信証」の構造
親鸞の還相回向
現生正定聚の必然的論理
親鸞聖人の大悲に表れる伝道的立場
末法時代の教と行-念仏論序説-
法然とその門弟の本願観 4-特に親鸞の本願観を中心として-
「往生要集」の菩提心釈について
「非僧非俗」の系譜
親鸞聖人の行信論と覚如・存覚の立場
二種深信の教理史的考察-法然・隆寛・聖覚における-
<悪人>の心理学的考察-その精神構造に関する試論-
日本浄土教における「菩提心」の思想的展開 1,4−特に善導・源信・法然・親鸞の浄土教思想に基づいて−
親鸞浄土教における行道の真実性
「安楽集」と「往生要集」-念仏思想を中心として-
悪人救済-主体の放棄としての信心-
「教行信証」と「唯信抄文意」
蓮如上人と「御文章」
真宗における伝道の基礎的考察
日本教学研究所の研究 2 -総力戦体制下の「真宗教徒錬成」の実践-
親鸞における愛別離苦への姿勢-死別悲嘆のケアとその超克-
「如来とひとし」についての考察
親鸞における顕真実教の解釈
親鸞における伝道の意味
親鸞の「摂取不捨」観-法然の三部経釈書からの受容と展開-
宗教心理の研究-真宗における深層心理-
前田慧雲の学問・思想形成過程をめぐる一考察−幼少年時代を中心として−
「利他真実」についての一考察-法然・隆寛・親鸞の説示を通して-
叡山浄土教と親鸞教学-親鸞の化土思想の系譜-
鎌倉仏教と「教行信証」
「歎異抄」の罪科記録の考察-新出「中井本」をめぐって-
即便往生について
「倶会一処」の浄土観と親鸞の弥陀身土思想
真宗カウンセリングの可能性
METAPHORS IN SHINRAN
真宗教学における称名報恩の意義
法然浄土教思想における「菩提心」の概念(承前)
日本浄土教における死の看取り 下 -仏教からの死生学のために-
浄土三経往生文類
真宗における救済の論理
還相回向の研究
親鸞の仏土観 1 -化土の問題を中心として-
悪人正機説における悪人の概念について 1
真宗伝道における義務解釈の問題-中世〜江戸初期の「談義本」をめぐって-
「信巻」真仏弟子釈についての一考察−『安楽集』引文を中心に−
伝道上の宗教教育学的一考察-北米開教・英語伝道をふまえて-
親鸞浄土教における「真実」の概念
RELATIONALITY IN RELIGIOUS AWARENESS
法然に於ける善導教学の受容について
道元禅師と十二時歌
道元禅師の伽藍観について−大仏寺趾考
『正法眼蔵弁註』の研究
『修証義』における誓願とその現代的意義
天英祥貞の行状について
宗学における電算機依用に関する一私見
正信論争考 6−『甘露門』について−
「正法眼蔵」における語義の転化と創造
宗学論の一視点
明治・大正期の売立目録における絵画の作者名について−伝詫麿派筆作品を中心として−

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る