『勝鬘経』曇林注と吉蔵
道元禅師と叡山教学(一)−叡山に於ける禅教学の推移
道元禅師の越前への下向道について
瑩山禅師と依拠する史料の間
雙林寺三世・林泉寺開山 曇英慧応禅師の行状 1−竹居正猷・器之為ハンへの参学の意義−
天桂伝尊の研究 1,2,-「楞厳経」の受容をめぐって-
荷沢神会考−『金剛経』の依用をめぐって
原能動/原反応の論理 序観-存在反応/作動反応<超思量的作動/思量的作動>
禅宗の中の法華学
道元禅師の御病名、御病状
瑩山禅師の善悪観−「宏智録」との関連性より考える−
「水子供養」について
『上州大泉山補陀禅寺伝記』に見る無極慧徹の行状について−
仏洲仙英と井伊直弼
「花開世界起」の『正法眼蔵』−七十五巻本を放棄、『原−正法眼蔵』へ−
独庵玄光をめぐる諸問題(二)−その発想の基盤について
伝衣から袈裟功徳へ
瑩山清規における星宿信仰について−消災咒を中心として−
道元禅師における「身心一如説」の分析的考察 1
石油
道元禅師と宋朝禅-特に重顕・克勤・善暹を手懸かりとして-
宗典中の「風美」に対する現代語訳や「懺悔」との問題について
十六・十七世紀の曹洞宗教団と朝廷−瑞世(出世)の問題をめぐって−
宋代仏教における沙彌戒の位置−特に高沙彌との関連において
『正法眼蔵』「仏向上事」の内容と撰述意図−スティーブン・ハイネ氏の質問に答えて−
徹通禅師に於ける宗教上の一問題
覚心の門下
晃全本系眼蔵写本の二・三について
近世における総持寺五院輪住制度の考察 3 −輪住前の五院輪番地の諸相−
宋末における禅僧の交流
伝光録第30祖章に関して−今一度中野重哉氏の所見に対して
三仏忌考−成道会の儀礼について 3−
「教授戒文」の不貪婬戒について
『正法眼蔵』「八大人覚」についての一考察−特に「不戯論」をめぐって−
面山和尚と「略作法」の沙弥戒授受について
指月慧印禅師考
「本証妙修」説をめぐって−袴谷説への質問
曹洞宗と密教−『甘露門』の成立と背景
斧山玄?cの参学について 4−「正法眼蔵聞解」における本文依用の態度−
『観普賢菩薩行法経』における懺悔滅罪について−華厳部経典及び禅宗典籍との比較論−
江戸三聚浄戒考
現成公案の巻を読む
『般若心経』英訳上の問題点−鈴木勇夫著「般若心経の研究」を中心に
洞門における本覚法門研究の諸問題−『漢光類聚』をめぐる付論
道元手偏と坂東本『教行信證』(一)
指月慧印の五位説について
『律宗新学名句』の一考察−道元禅師の戒思想との関わりに注目して−
曹洞宗における涅槃講式について
『大悟』の解釈
孤雲懐奘禅師の法諱について
七十五巻本「発無上心」と十二巻本「発菩提心」
近世村落社会における修験と曹洞宗寺院
「永平元禅師語録」についての一考察-特に上堂語の問題点について
「嗣書」切紙に関する一試論
『四分律行事鈔資持記』に見られる禅宗批判−「禅門規式」に関連する記述を中心として−
古月禅材の「入浴規箴」について
道元禅師の因果論と懺悔滅罪
正法眼蔵写本の系統について
道元禅師の生死観
曹洞宗における秋葉信仰−秋葉信仰史の展開と初期曹洞宗における受容
鎌倉時代における諸流の菩薩戒儀について−十六条戒再考−
仏向上について−「従容録」を中心に−
近世修験道教義書にみえる禅宗の影響-般若院英泉撰述「修験心鑑鈔事考」を中心に-
重文四天王蔵細字法華経解説
道元禅師における依正二報解釈について−批判対象としての依正不二説を中心にして−
正法眼蔵の書写と鑚仰報恩の行
坐禅箴の作仏と坐仏
月船禅慧伝について−伝記と法系
『伝光録』における救済について
清規にみる道元禅師の独自性−その一端を探る試みとして−
「林間録」の諸本について
只管打坐の意義
「正法眼蔵」に観る菩提心の一考察 3−「赤心片片」について−
「伝光録」伽耶舎多章の風鈴考
宗学復興期における禅戒論
道元禅師の文体と思想−模索的試論
行持の位相−正法眼蔵私解−第二報
『大徳寺夜話』について−養叟会下の記述を中心として
展鉢法と食堂−宗門の展鉢法をめぐる問題点−
「了性句」再考−新出資料紹介とその思想について−
学道の道ということ
道元禅師の坐禅観 4−『察禅師坐禅銘』について−
道元禅師の誓願の種々相
『正法眼蔵』における同参の意味
北宗禅と五方便
坐禅用心記における心地開明
越前波多野家系図再考
調息の研究−天台大師の説かれた十二種息について−
南嶽単伝記 1巻
禅信仰の本質−その今日的意味合い
「示庫院文」の示衆から道元禅師の母をしのぶ
道元禅師における戒体の問題−機の思想と関連して
正法眼蔵における象徴語の四諦論的展開について
正法眼蔵における有と時(三)−承前
瑩山禅師の坐禅観−『天台小止観』等との比較
小三衣について−瑩山・大智・卍山・面山の護持−
円相の考察−円仏教の一円相を中心に−
見聞覚知と証則
了然法明と三処の玉泉寺−永平寺道元に参じた高麗僧−
七十五巻本正法眼蔵と六十巻正法眼蔵

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る