道元禅師の「入宋伝法」
「是法住法位世間相常住」の考察−特に道元禅との関連において
昭和正信論争の新資料 3−忽滑谷快天偏「道元禅師聖訓」について−
道元禅師と外道 3 -瞿伽離について-
羅漢信仰と民俗信仰普及の比較研究−五百羅漢・石造十六羅漢などの造立分布、地域分布から−
金蔵本「景徳伝灯録」の性格
『光明蔵三昧』と『自受用三昧』 1−修証観に関わる表現について−
『正法眼蔵随聞記』と日本達磨宗(続)
高崎育児院と田辺鉄定
「寒山詩集」の諸本
江南における四川僧と日本僧の出合い 正続結
欠本。
『伝光録』の読み方−釈迦牟尼仏章から−
解明を期待する宗史の分野の数例
後嵯峨天皇と道元禅師
『正法眼蔵』における尽の思想(二)
鏡島寛之によるイスラーム研究の史的意義
「正法眼蔵発菩提心(発無上心)」における造塔の語について
中国曹洞禅の展開−元代における道仏論争
『伝光録』における無情説法について−洞山悟本大師章を中心として−
正法眼蔵における虚空の捉え方
新出<船子和尚撥棹歌>について
「出家」のあるべき姿・あるべき仏教学者−釈尊・道元禅師の原点に帰れ−
旃陀羅差別のイデオロギー構造
『伝光録』と「宗旨」−『伝光録』は「宗旨」からどのように説かれたか−
峨山韶碩禅師の「山雲海月」について
指月慧印の禅戒思想
本来の面目
『弁道話』の性格
浄住寺蔵『洞谷記抜書』について
石霜楚円とその弟子たち
「祖源通録撮要」と「大蔵一覧集」
「悪しき業」の克服−ハンセン病における隔離と断絶
楞厳経巻六の観音耳根をめぐる解釈−瑩山清規の場合−
正法眼蔵に於ける実相について
道元禅師の実存的側面
曹洞宗と国家 3−「宗報」における政教論−
「永嘉師妹註証道歌」の資料価値
「正法眼蔵古仏心」の解釈
宗典「修証義」の解説書などにみる差別事象について 1,2,
建綱と建撕の関係 2−『宝慶由緒記』に就いて−
禅門授菩薩戒規
「予」と「我レ」『正法眼蔵随聞記』私考−その12
十種勅問をめぐって
最晩年の道元禅師
宋末における禅僧たちの交流−無準師範の弟子たち−
「修証義御和讃」の考察 3−自他不二の原理について
中世曹洞宗禅語録に見る葬祭儀礼−葬儀・追善供養・逆修の法語から−
「身心脱落」考(その三)
『正法眼蔵』「摩訶般若波羅密」の位置
中世洞門における代語集の諸問題
道元禅師と本覚思想
「正法眼蔵」の外国語訳の現状について
「見仏」巻論考
パーリ仏教より見た道元禅師の出家観
正信論争考 5−忽滑谷快天著「正信問答」について−
正法眼蔵古写本の奥書に見える相互関係
宏智録の歴史的性格(下)−心塵脱落をめぐって
『正法眼蔵抄』と天台用語の考察−特に『法性』の巻について
「六祖壇経」の立場-神会批判に関連して-
遺された壇の浦の文化財
道元禅師とマイスター・エックハルト 3
冬安居について
『人天眼目』の諸本
『正法眼蔵弁註』の研究
証真の「異義」について−道元禅と本覚法門をめぐる一考察
十二巻正法眼蔵撰述の真意
坐禅のシステム論的考察 3−坐仏と遂行的イメージ−
奈良時代の禅および禅僧
『正法眼蔵』の編纂について
「正法眼蔵」に見る叢林規範としての作務
坐禅(只管打坐)と下肢柔軟性について 1−アンケート結果を中心として−
逆水洞流と太子庵
正法眼蔵昌慶寺旧蔵本について
南宋における洞済の交渉に関する一考察
虎関師練の密教観再考−「仏語心論」を中心として−
懐弉禅師の豊後永慶寺開創について
尾張における曹洞宗教団の形成について
阿育王寺「烏石奥」発見の意義−眼蔵解釈は根本的にどう変わるか
「学道用心集」の読み方
永覚元賢「三玄考」の考察
巻頭言 宗研をどうする
二祖国師の開山所について
大雄山最乗寺の開山了庵慧明の「代語」について−「大雄山最乗寺御開山御代」-
道元禅師の十六条戒の成立について
道元の言語表現−活きながら黄泉に陥る
運慶と伊豆
雲門禅再考
南英謙宗伝の研究−その「玉漱軒記」について
道・仏道・学道
易学と宗乗−「顕訣耕雲註種月?ュ?}藁」−
『正法眼蔵随聞記』考
磁祖加藤民吉をめぐる洞門僧
明代南蔵初入蔵禅籍と定厳浄戒
道元禅師のさとり−「大悟」巻から
『修心要論』と『最上乗論』の諸本
疑義の一・二に及ぶ−反論に対する反論
正法眼蔵の語彙から−イハユルについて
『正法眼蔵随聞記』私考−その7−「貧ヲ学スベシ」考−2
『洞上伽藍雑記』の性格−「童問日用集」との関連において

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る