道元禅師の「法華経」の依用に関する一考察−経典取捨の基準を中心として−
『赴粥飯法』における「恭敬受食」の語について
「梵網経菩薩戒作法」の栄西真撰の根拠について
道元僧団における遺偈
日本仏教における母性観-曹洞宗の伝統的母性観に関する批判的考察 1-
道元禅師における「嗣法」と「修証」
道元禅における面授と発菩提心−その宗教性の理論的根拠−
正法眼蔵抄仏性の巻における談義文と聞書文の性格と関係
『洞上行持規範』についての一視点
ヨーガ哲学と禅思想に関する参究 1−『坐禅用心記』に見られる重複表現の提示を中心として−
道蔵本「無生訣教」にあらわれた禅宗資料
諸尊法(三)
『永平広録』に見る大蔵経安置の影響について
道元禅師と藤原基房との関係−『明月記』の資料を通して
宗学と差別−宗典にみられる差別語との関連において
道元禅師における傍出について
現成公案の公案性
12巻本「正法眼蔵」と<月>の問題−百巻「正法眼蔵」定本は何を目指したか
道元僧団における「公界」という語の用例について
「正法眼蔵聞書抄」における仏経解釈について-「仏経聞書抄」から-
戒体論序説
大正新脩大蔵経と中国禅籍
乾坤院本『伝光録』は五冊本であった
「脳死」と「蚯蚓仏性」の解釈-生命は縁起支配か縁起自立か-
日本曹洞宗伝承声明講式について
七十五巻正法眼蔵成立の時期
中国禅宗における世代意識の発生について
瑩山禅師の著作について(六)−『瑩山清規』の考察
宗学とジェンダー
宗密の本来成仏論
源実朝の入宋企画と道元禅師
『大乗止観法門』の食時止観考
『禅戒篇』におけるその特質
『六祖壇経』の四乗義
宮内庁書陵部蔵正法眼蔵写本(九十五巻本)について
天桂伝尊における修行の意義
洞谷記について(二)−瑩山禅師研究の資料点検
逆水洞流と卍海宗珊の手紙 附鶴州宝天系譜沿革誌
傅大士と『行路難』の伝承
天桂伝尊の研究
身心脱落考(上)
近世における宗統復古史研究序説(二)
大慧宗杲の宏智禅師像賛について
六祖壇経と三科法門
『止観義例随釈』と禅宗
『顕訣耕雲註種月?ュ?}藁』について
榑林宗学の目指すもの-榑林老師の「身心脱落」解釈について-
長円寺本正法眼蔵の性格と梵清本の復原について
神会における見の思想−吉蔵との比較
道元禅師伝に及ぼした面山の影響について
天桂宗学の周辺
道元禅における倫理性について
『正法眼蔵』に見られる臨済批判
慧能撰『金剛経解義』の思想的特質と成立をめぐって
道元禅師と叡山教学(三)−只管打坐と即心是仏の一如的展開
授戒・伝戒と受戒
道元の「金剛経」解釈について-「若見諸相非相即見如来」の解釈を中心として-
如元格外集(永平五師文集)について−宗学思想史研究序説・その六
瑩山禅師と「正法眼蔵」「龍文六代誌」および「龍文考」に現われたる同寺五世為宗和尚の永平寺復興について
『秘密正法眼蔵』について
『楞厳経要解』について
『禅戒鈔』の不殺生について
禅宗教団の浄人
永興寺東山地説とその資料への疑著
万仞戒学の一視点
大英博物館の中央アジア出土本法華経
道元禅の近代化過程(最終回)−20世紀における宗学研究をいかに収束するか−
東皋心越の来朝をめぐる諸問題
新出資料・瑞泉寺本『伝光録』の研究
明清における曹洞禅者の動向
「仏性」巻撰述事情考
近世曹洞禅僧の請雨儀礼 続-萬仞道坦「祈雨法壇儀規」の場合-
正法眼蔵にみる叢林規範としての坐禅
真訣「正法眼蔵」について−大用現前(ユーモア躍動)の宇宙禅−
深謀遠慮の「根本眼蔵」と良寛の択法眼−正伝の仏法と居簡書風の採用−
義雲禅師と臨済僧
『正法眼蔵』における「自己」についての一考察
曹洞宗における秋葉信仰(四)−秋葉信仰の伝播と祭祀形態−
正法眼蔵における観音の特異性について
道元禅師の仏性観
歎仏会とリズム
『指月禅師正説記』について
三代相論再考−道元僧団の社会的経済的背景を中心として
孤峰覚明と古剣智訥−臨済宗法燈派と曹洞宗の狭間で
正法眼蔵「観音」末書の引用典籍
道元の仏性について 2−仏性顕在論批判−
道元禅師と檀越波多野氏について
『正法眼蔵僣評』と江戸期宗学の関連
『大鑑広清規』について−『大鑑広清規』の紹介を中心として−
道元禅師の四輪観について
宗学の課題
懐鑑門下と永平寺
大徳寺派系密参録について(四)−<碧岩類則密参録>を中心にして−
「坐禅箴」の一考察 上中下-作法と打ち返し表現について 注:中は、曹洞宗研究員研究紀要 28、下は、曹洞宗宗学研究紀要 11に収録。
弁道話と真言密教-衛藤即応先生の「正法眼蔵序説」より-
「正法眼蔵」にみる叢林規範としての普説と上堂
正法眼蔵の語法の国語学的解明−トラのラの語史と語性
遠江大洞院檀越考
栄西元久元年の運動方針について
『正法眼蔵』における「誓願」の位置について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る