道元禅師と聖ボナヴェントゥラにおける知恵−比較思想的研究
流布本「洞谷記」の成立について−成立年代を中心として
万回一線撰「信心銘拈提事略」についての一考察−宏智禅との関連性をめぐって−
「正法眼蔵」に観る菩提心の一考察 2−「正法眼蔵第四身心学道」巻を中心にして−
百姓と道元禅−江渡狄嶺の行の思想
修証義に関する一考察
正法眼蔵仏性における作仏観
三根坐禅説について
忽滑谷禅学とその展開−道元禅の近代的過程 2,3−
瑩山清規の祈祷について
正法眼蔵に於ける心の研究序説(三)
江戸初期に於ける洞済交渉の一断面
葉隠武士道と曹洞禅(一)
正法眼蔵に於ける実相について(二)
「正法眼蔵」の成立に関する試論-75巻本「正法眼蔵」の編集について
如浄譴責の巻々から何を学ぶか−十方法界の仏法=「正法眼蔵」−
明峰素哲と大乗寺−初期大乗寺僧団の変遷をめぐって−
仏教の悟の本質
「一方を証するときは一方はくらし」の一句の解釈について
恭翁運良と加賀大乗寺−瑩山紹瑾との関わりをめぐって
「正法眼蔵」にみる叢林規範としての洗面
普済寺関係清規について
『正法眼蔵随聞記』私考-その5-「ハヅベクンバ明眼ノ人ヲハヅベシ」考-4-
見仏について
只管打坐と問処の道得
クリスチャン禅
「教授戒文」の展開-「正法眼蔵随聞記」を中心にして-
「現成公案」の考察 2−水月の譬喩について−
近世における総持寺五院輪住制度の考察 1−山形県照陽寺所蔵文書から−
悟と信の問題−現代宗学批判
『正法眼蔵』の仏陀観−修行作仏について
七十五巻本『正法眼蔵』編纂説考
『正法眼蔵抄』における山河大地について(一)
永久文庫蔵「年中行事清規」について
成立背景から見た「仏祖正伝菩薩戒作法」の意義
山水経における対句構造と解釈−正法眼蔵の新しい解釈の方法−
中世禅宗の公案禅に関する一考察
曹洞禅の功徳と利益
『正法眼蔵抄』の考察−特に行仏と天台教学について
寛元元年以降の道元禅師の転進−正法眼蔵と法華経・序説
天福本普勧坐禅儀について
徳川政権の聖地としての寺々
『正法眼蔵』にみられる邪見・邪解の語義について
黙隠祖价の五位説について
初期曹洞宗教団に見る戒儀の受容 2 -「出家略作法」の撰述 1-
道元と無情仏性論 2
天桂伝尊の研究−「正法眼蔵聞解」の関係をめぐって−
『秘密正法眼蔵』再考
是れ何ぞ
『正法眼蔵』における心について
道元禅師の菩薩戒重受について
天桂伝尊の研究−宝巌興隆をめぐって
「梵網経略抄」における亡者の得戒について
道元禅師における業不亡の道理について−<所作業不亡偈>の引用意図と発無因果−
斧山玄?cの参学について 3−「正法眼蔵聞解」における「影室」依用の展望−
肥前円応寺所蔵「無門関抄」とその言語
「嬰児の行」と十二因縁
「旃陀羅」差別について−四姓平等論の隠れた差別性
大愚良寛にみる慕古心−道元禅師への随順
瑩山禅師の善悪観について 2 -指月慧印撰「坐禅用心記不能語」を中心として-
仮字「正法眼蔵」の語彙に関する一考察−特に「和語仮名書・漢語漢字書原則」を中心として−
「洞上古轍」注釈書における偏正五位説の性格について
『正法眼蔵』と玄沙のことばについて−一顆明珠を中心として
「坐断」という語について
肥前円応寺所蔵『大庵和尚下語』について
十仏名について
道元禅師二十五條衣に就いて−日本曹洞宗初期教団における法衣の研究
『正法眼蔵』からみた運命と宿業の問題
新資料 万回一線稿本「仏性顕真策」について
「瑩山清規」と民俗仏教
学道における道元禅師の「貧」について 4−「正法眼蔵」各巻における引用から−
「蔭凉軒日録」にみる千体地蔵の造像と仏師
「本来本法性」疑団の考察−その虚構性に関して
地方史に現われた大寧寺十三世異雪慶殊禅師
日本禅宗史における達磨宗の位置
道元禅師と叡山教学(2)−叡山教学を母胎とした道元禅師
伝光録と正法眼蔵
『正法眼蔵』における家出と在家
「教授戒文鈔源攵」について 1
道元禅師と「日用清規」
「観音懺法」の成立背景と曹洞宗旨
道元禅師の坐禅観 2−「龍門仏眼遠禅師坐禅銘」について−
聞法の問題
永平六十一世環渓密雲禅師讃仰
達磨宗の相承物について
道元禅師の御名について
片岡飢者説話考−近世禅宗における聖徳太子信仰
『正法眼蔵聞書抄』に関する一考察−特に「一仏成道、観見法界、草木国土、悉皆成仏」をめぐって−
「宗門円相集」の資料価値
道元禅師の引用禅籍の基礎的研究−大谷大学蔵本「圜悟禅師語録」を用いた出典の再調査−
諦忍律師の『本朝高僧伝弁訛』の紹介
白鳥鼎三と国穏道寧
三宝寺の達磨宗門徒と六祖普賢舎利
『正法眼蔵』における「四摂法」の社会的意義とその役割
道元禅師の身心脱落の時期とその意義
昭和正信論争の新資料−忽滑谷快天派と原田祖岳派の宗乗論争再考
「正法眼蔵聞書抄」諸写本の考察
「六祖壇経」の壇について
道元禅師の外舅良顕法眼について−里僧綱(俗人)か−
黙昭禅と看話禅

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る