元康選「肇論疏」の成立事情
不染汚の修証について
消災呪(消災吉祥陀羅尼)について
宮城県瑞川寺蔵『永平開山道元和尚行状録』について
新到列位問題について
現代語訳『三大尊行状記』「道元伝」(抄訳)−ロシア語訳にあたって−
道元禅師の越前入り
「宗門圓相集」の円相の分類
正法眼蔵に於ける心の研究−三界唯心の巻について
仏名経典成立史研究(四)
道元禅師の趙宋天台学
「三根坐禅説」について-成立の因縁-
「宗教的時間」の意義に対する諸問題−宗教的時間・時間的宗教−
道元禅師丹波路御上洛について−素朴な疑問−
正法眼蔵座禅箴について
托鉢について
本山版正法眼蔵開版遅延の考察
伝光録の私釈を終えて
瑩山紹瑾禅師の禅思想について 2,3,-臨済諸師との比較を通して-
釈迦法 異筆写4通
「宋文憲公護法録」に載る永平道元の記事−法灯派の範堂令儀の入元と簡中元要の入明をめぐって−
嵩山における北宗禅の展開
正法眼蔵空華について
「袈裟功徳」の巻における十種糞掃・四種糞掃
諸仏諸祖所伝の心
「仏慈講式」について
道元戒思想と天台教学の接点−「三十七品菩提分法」巻の戒律観について−
瑩山禅師の禅風について−特に密教的要素の導入と檀越について
「宗門統要集」と真字「正法眼蔵」-真字「正法眼蔵」の出典の全国的補正
北京本『六祖壇経』について
瑩山の誕生地について-福井県武生説の再検証-
詮慧・経豪と日本天台をめぐる一考察
王子五位と石霜慶諸禅師について
ウイグル語「観音経」QUAN-SI-IM-PUSAR の邦訳
高祖道元禅師伝再考−粉飾的記述に関して
深信因果と修証義
『伝光録』についての一視点(二)
道元・瑩山両禅師の観音信仰
泉福寺本「正法眼蔵聞書抄」の注釈文について
冠頭言 眼を内にむける
永平寺復興について
正法眼蔵における教と法について
正法眼蔵謄写本における「書入れ」について
道元禅師と天台論義
中国南北朝時代における摩尼宝珠の表現の諸相
『伝光録』の引用語句について−特に鳩摩羅多・闍夜多尊者章について
「伝光録」と12巻本「正法眼蔵」の諸問題について-特に業論を中心として-
「梵網経略抄」における浄土について
禅における身体の意義について
永平広録考(三)
『正法眼蔵弁註』の研究
坐禅用心記の世界
永光寺輪住30世瑞巌韶麟をめぐる問題
総持寺九世実峰良秀の行状 3−美作青蓮寺の開創−
「有時」の巻における時間について
道元禅師の慈悲観−聖ベルナルドウスとの比較
『坐禅用心記』の考察
曹洞禅僧雪軒道成の来日をめぐって-日明勘合貿易への布石-
道元禅研究所感−忽滑谷禅学と衛藤宗学−
「伝光録」における「如幻」の用例について−『華厳経』「懺悔滅罪」との関連性を探る−
大乗寺所蔵の得度軌範古写本について
正法眼蔵における心について(二)
『瑩山清規』の変遷について−徳泉寺蔵「延宝五年本」について
中世禅語録にみる忌日本尊仏の造像について
「正法眼蔵」−その疑点・欠陥と躍如たる生彩・真訣/そして道なお遠き第四ゴール−
現行の「宗旨」成立に関する考察−「宗旨」から切り捨てられた道元禅師の言葉−
普勧座禅儀御真筆本について−前承
道元禅再考−日本的転回についての一考察
諸仏自受容三昧と法身仏−辨道話を中心にして
岐阜県妙応寺蔵写本「青阪清規」について-「椙樹林清規」との内容比較から
越前に於ける永平寺初期僧団の遺跡
「普勧坐禅儀」の読み方
現代宗学論の一考察 6−曹洞宗宗学研究所の終焉−
日本民主主義の系譜
逆翁宗順と尾張の曹洞宗
韶関大鑑寺考−韶州大梵寺との関係をめぐって
十六条戒について
川僧慧済の「無門関抄」について
「即身成仏」の話の引用形態について
瑩山清規にみられる「首楞厳経」の考察 2−洞門僧侶による首楞厳経注釈書を中心として−
古月禅材伝の基礎資料
敲唱会と第二回曹洞宗大会議−明治十四年
『眼蔵』における一つの変移
中世曹洞宗における切紙の相伝について
四摂法について−その説示対象と道元禅師の意図−
斧山玄?cの参学について 7−「義雲頌著」の列次をめぐって−
近世の茶会記に記された墨跡について
道元禅師志比庄下向の背景−その一、志比庄の支配について
天桂伝尊の法華経解釈
暎虚集 4巻
洞山の五位説と道元禅師の態度−洞門の守護領国制社会への接着剤
永平寺六十世臥雲禅師の示寂年代
再び宗門に求められる袈裟の理念に就いて論ず
いわゆる「代語」文献にみられる字注をめぐって-特に「天南代語」と倭玉篇について-
道元と無情仏性論 1 慧忠と道元−「他心通」巻を中心として−
永平寺所蔵切紙史料について
中世的自覚について−道元禅師の信にふれて
燈史上における『如浄録』の引用について
『本朝高僧伝』の道元禅師伝について
斧山玄?cの参学について

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る