八大人覚について−その思想的展開と道元禅師の解釈−
大智禅師発願文についての考察−義尹禅師の願文と比較して−
洞雲寺本正法眼蔵について
歎仏会式について
『永嘉集』についての一試論
比叡山における禅師と禅衆
道元禅師と懐奘禅師との戒律観
卍山道白の五位説
「正法眼蔵−八大人覚−」に関する一考察
器之為播研究ノート 1−龍文寺三世・大寧寺五世 器之為播禅師の行状(前編)−
涅槃経の陀羅尼
新資料「瑩山帝尊問答」の古写本について
雑詠
甲斐武田氏の禅宗支配
道元禅師の宗旨と遺事(二)−初期教団を中心として
天桂の仏性観
「正法眼蔵」における蓮華色比丘尼説話について
三仏忌考−成道会の儀礼について−
袈裟の研究
差別切紙と差別事象について
徳翁良高の神道思想-河野文庫所蔵「神秘壺中天」を中心に-
道元禅師における類書依用の一側面−「古鏡」巻に引かれる日本三鏡の話をめぐって−
曹洞宗における袈裟観について−埼玉県正龍寺所蔵「袈裟大事」をめぐって−
大功円忠和尚語録附行実の編者について
求道と無所得
永平正法眼蔵開版助刻者菩提の法命について
陜西地方における禅宗の展開−唐・五代(資料)
北京版「中華大蔵経」所収禅籍の資料価値
「正法眼蔵聞書抄」における「全機」について
京極無生居士について
曹洞宗寺院建築の近代化について
広瀬良弘君の稀覯新史料発見の労を称う−その一層正確な理解を君に求めつつ−
弧雲懐奘禅師伝について−興聖寺時代の行実
中・近世における曹洞禅僧の活動と葬祭について
達摩とその弟子(慧可)の思想的違い
学道における道元禅師の「貧」について 1−「正法眼蔵随聞記」からの考察−
京極無生居士について
懐奘禅師眼蔵書写の識語(稿)−看見せる眼蔵写本を通じて
江戸期における洞門嗣法制度-貞享3年の「伽藍法」法制化問題
参同契・宝鏡三昧の私釈について
道元禅師の戒思想の一考察−高沙弥の事例を中心に−
正信論争考 2−仏身論の対立−
万仭道坦の正法眼蔵秘抄
弧雲懐奘禅師伝について−永平寺時代
中国禅の職業観−如如居士顔丙の場合
禅宗における女性-「道歌心の策」より-
五山版「無量寿禅師日用清規」
道元禅師とマイスター・エックハルト−石女と処女および暗夜と暗闇 2−
先徳修道の機縁について
室内伝法の法衣と同作法中の袈裟の扱い方について
本源仏即<生>活仏−『正法眼蔵』および『光明蔵三昧』
臨床的生死脱得−禅と陰陽五行論(第二報)
「寺族」問題と女性 1-浄土真宗本願寺(西本願寺)派(その1)-
新出資料「永平道元禅師講式」−「報恩講式」先駆資料の一つとして−
禅と密教のあいだ−道元の立場から−
三代相論考(二)
「正法眼蔵撃節集」について
『宝慶記』と『随聞記』
天桂伝尊の研究
曹洞宗における女性史研究
法戦式について
禅宗寺院と「紙」
頓悟入道要門論にみられる荷沢神会の影響
「永平開山道元和尚仮名法語」について
明版大蔵経と宋元版禅籍
『宝慶記』刊行に因み確認すべき二、三の課題
曹洞扶宗会と「修証義」の位相論-教団財政における銀行破錠と不良債権処理問題を基軸に-
道元禅師越前入りの一考察
禅寺と霊湯
禅とカウンセリングの関係について
正法眼蔵における仏教的弁証法
道元禅師の精神構造−<仏性>第七段によって考える
「入理」について
全岩林盛について−漢学的素養の一面
越前永徳寺義準と意教上人頼賢−義準の永平寺僧団離脱前後の動静について−
諸清規に見られる臨終看護の記載について−「洞上僧堂清規考訂別録」を中心に−
隠達和尚について
相承論考
神会没後の南北両宗
精選四家録 1篇
近世における総持寺五院輪住制度の考察−愛知県渓寿寺所蔵文書から−
「仏祖宗派総図」と「五灯会元」
禅戒と鎌倉仏教
江戸時代における袈裟復古運動の形成
道元禅師実父研究上の一資料−わが国古来の世代の教え方について
中世禅宗典籍における「宝積経」引用について−道元・瑩山両租の撰述を中心に−
晩年の覚範慧洪の五家宗派観の変化について−「林間録」に見える記述との相違から−
真字「正法眼蔵」の歴史的性格
正法眼蔵における空の一考察
神会における不作意について
瑩山禅師門下の葬儀観
「般若心経智融注」の著者について
三界唯心の一考察
道元禅師の座禅観
道元禅師の公案解釈−百丈野狐の話について
禅宗と禅経
道元禅師の思想的背景−『宝慶記』をてがかりとして
瑩山清規にみる「首楞厳経」の考察−楞厳咒を中心として−
「行路難」(敦煌文献ペリオ三四〇九)の思想と、その文学的表現
「正法眼蔵」の現成と公案

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る