天台小止観と坐禅用心記
元代における教宗と禅宗
道元禅師の坐禅観 5−『天台大静禅師坐禅銘』について−
道元禅師と百丈の戒学思想
弁道話考−先尼外道批判と実存的意義
日本天台における円爾および本成下の評価
道元禅師による『大般若経』の更改引用について−『正法眼蔵』「摩訶般若波羅蜜」巻第四段にみる「住」と「作」−
拈華付法と瑩山伝光録
正法眼蔵の書写をめぐって
西有穆山禅師の信徒の安心論
宗源祖師の頂相に就て
「永平広録」の出典研究における新視座について
朝倉氏と永平寺
道元禅の近代化過程−済門との比較において
本証妙修とその思想的根拠(一)
初発心時便成正覚−もののはじめとさとり
『修証義』の構成と宗義
「三根坐禅説」の考察
伝法偈の成立について
新草十二巻本について
最近の宗学論について
道元僧団の社会的性格−永平寺住侶制規の史料的検討
大徳寺派系密参録について(一)−『雲門録百則』を中心にして-
「無常説法」再考−『起信論』註釈書を中心として−
「禅戒鈔」の不婬欲戒について
瑩山禅師の密教的配慮とその來由
鎌倉の美術
十二巻本『正法眼蔵』撰述説再考
修証義の構成と現代的意義
永興寺とその外護者への一考察 上
「教授戒文」解釈の系譜
眼蔵開放と宗学再構築の急務−<仏性>の巻とて如来蔵思想ではない
道元禅師と天台本覚法門
高祖道元禅師の如浄禅師よりの伝戒に関する問題点
鳩摩羅什の漢訳『中論』について
建綱と建撕の関係 3−建撕の三代相論がなかったという立場−
伝統宗学から批判宗学へ
禅における偏向
『正法眼蔵』「仏経」考
『正法眼蔵』から『修証義』へ−その比較的一考察
内山愚童と武田範之-近代仏教者の思想と行動・対戦争観・朝鮮開教問題等をめぐって-
源翁心昭と擯斥問題−「日本洞上聯燈録」の嶺南秀恕を中心に−
天桂伝尊の研究
『正法眼蔵』と『修証義』のあいだ
江戸期の五位説研究における「洞上古轍」受容の傾向について
宗学考
祖山本正法眼蔵仏性の研究
「正法眼蔵」における縁起の見方
正法眼蔵三界唯心釈
正法眼蔵における有と時(上)
詮慧・経豪に関する一考察−特に『聞書抄』・『梵網経略抄』を通して
内山愚童師の名誉回復における経過と今後
全巌東純禅師の行状−元羽黒山の真言僧、長門大寧寺七世、周防瑠璃光寺二世−
道元禅の新しい枠組構想について−「宗学と現代」池田・石井両説をめぐって−
「梵網経略抄」における教授戒文について
道元禅師の道得について
『修証義』における即心是仏の参究と発菩提心
業障の超越
竹峰広嫩の自筆本について
面山撰「議永平排遺楞厳円覚弁」と道元禅師-近世「正法眼蔵」末書をめぐる問題-
廓門貫徹『註石門文字禅』の考察
道元禅と本覚法門−源信に関わる二、三の問題
道元禅と天台論義−『百題自在房』をめぐる覚書
修証義を貫ぬくもの
仏教と国家−近代国家の成立に関して−
坐禅のシステム論的考察 4−見仏と遂行的イメージ−
「自己をならふ」の宗教哲学的構造
五院輪住制度の成立時期-総持寺・永光寺両教団の関わりもふまえて-
道元禅師の法華経学に関する一考察
『如浄禅師続語録』について
正法眼蔵僣評の一考察
差別の論理構造−曹洞宗切紙における業・輪廻・仏性思想について
曹洞宗における世襲制の問題点−女性学的視座から−
覚苑撰『大日経義釈演密鈔』における禅宗理解
「宗報大覚寺々報 大覚寺」は、シユウホウダイカクジジホウダイカクジにあります。
「宗報大覚寺 寺報」は、シユウホウダイカクジジホウダイカクジにあります。
「SHINGON」は、シンゴンにあります。
属星供(当年星供)
寺院墓地使用規則集月刊 寺門興隆 2-2[通14]特別付録(H12.1)別冊 法話特集 同綴。
「月刊 寺門興隆」は、ジモンコウリユにあります。
「寺門興隆 別冊 法話特集」は、ジモンコウリユウにあります。
縁起でもない話
霊はまもる
彼岸会の話
晦日胸算段
自我曼荼羅の建立
仏教の人生観
巡礼道徳
地蔵菩薩奉念の意義
見送り地蔵
叱りて
百萬地蔵発願の因縁-貴族院書記官石橋先生の
弘法大師の御遠忌に就て
勝軍地蔵菩薩
信仰を見つめて
首つぎ地蔵縁起
生活形態としての仏教 1,2
生身の地蔵菩薩多聞院賢信法師
人道の運転手、織部実君 1,2
托鉢所感

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る