新出資料 延慶寺歴代住持譜の意義
臨済録の序者郭天錫について
白隠「濃陽富士山記」について
臨済録の旧訓批判−臨済録札記抄(2)−
壇経雑識
梵文金剛経を読む
西明寺と吐蕃仏教
神会の自然智・無師智について
仏教学の反省
パーリ仏教説聖典に見られる禅定思想と食物との関係
『祖堂集』異文校證(即/則)
禅に於ける「形而上的なるもの」と「実存的なるもの」
禅宗勃興期に於ける近代的諸要素
中国仏教々団の制度並に儀礼に関する諸文献の考察 1,
仏説法受塵経一巻
花園法皇・日峰禅師関連年表-初期妙心寺史年表稿-
仏壇の成立する民俗学的倫理−常民の家と祖霊との関係−
新出資料よりみた遼代の仏教
「祖堂集」の資料価値 1,
白崖宝生と白崖派の展開
初期経典の坐禅と覚り
古清規について
戦国末期本派僧心裏の都鄙
大鑑清規の研究
禅-根元への入口-
古清規考
臨済大師の教学的基盤 1〜3
宗教教育と宗教生活への内省 1,2
関山慧玄禅師の頂相について
青年鈴木貞太郎大拙の社会観
宗密思想における華厳教学の危機
「異国使僧小録」の研究−近世に編纂された中世外交僧関係未刊史料−
興禅護国−禅学研究 32特輯号
宋学の源流に於ける禅的環境
興禅護国
禅と西田哲学−脱自と表現−
東洋的個 1,
神通力の獲得方法
尊皇と禅
本有円成仏について
花園法皇の御証道と興禅護国
空思想の中国的変容−肇論と中国仏教 2−
即非の論理 1
興禅護国と妙心寺
興禅護国の理論
神会と宗密−思想史的方法の試み−
マルティン・ブーバーの思想と禅仏教-「我と汝」を中心として-
絶海中津「蕉堅藁」の伝本について 下−諸本間の関係−
俄蔵敦煌文献中に発見された禅籍について
興亜と禅
戒概念の変化から考察した初期禅宗の頓悟思想−心地無相戒成立前夜−
「法蔵論」典拠考
護国の経典と興禅の意義
縁起説開展史上に於ける三性説
経験の経済と学問
禅語俗訓
自我生活の本然と愛
愛の宗教より力の宗教へ 上下
循環輪廻の数(法数研究の特例)
人格の修養と禅
?\居士論
威大なる精神力
革命と支那宗教 1〜3
青原盧陵の米話に就て-明鑑道機禅師垂示
袈裟功徳
東西文明の分裂
現代祖山の禅風
茶の湯論 上下
同一態
清新と卓越 上下
超時間的生活
布教法の研究
眼蔵研究に就ての諸問題-椎木俊雄師の質疑に應ふ 上下
背觸倶非
両祖の家訓
印度物語 1〜3
能作的創造を要す
修證は一如なり
修禅法の改良 1,2
禅窓一夕話
人間の中心問題(岐阜県土岐郡教育会にて-T8.5.25)
三類境頌文の作者に就て
洞門布教私見 上下
梵僧指空伝考
耳根円通の三昧
信仰的修養
日々是れ新年の用意-大円玄致禅師垂示
誰か今後の本山貫首たる
解脱の妙趣
和光同塵(布教家の一書を促す)
常済大師と其の時代
幽霊の話
禅の生仏観
普陀山 1,2
吾人の仏陀
法心和尚の言行
洞上の信仰に就て
次応慕古
禅の妙力
新年頭の禅

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る