親ごころ
クラス会
学生デモに思う
明るいメーデー
「解らない」の答
相撲のころ
はまゆうの鉢に思う
一つ一つの花
鈍感な所業
総不安の夜
こども二題
十月某々日
私と詩友
私の明治
オトギバナシ文学の台頭
わかつてること
シュウル・レアリスムとは
瀧子其他
薫の思い出3 流転
丸山薫さんと亡弟信夫
旧友の年賀状
校歌のこと
クールな抒情
薫の思い出4 春日
詩人丸山薫の思い出
思い出すことなど
丸山薫と私
薫の思い出5 夢の中
作家の貌
作詩と作詞
人生の中の詩
曲と詞
詩の鑑賞法
海で書く海の詩によせて
詩というもの
詩に就いて
梶井基次郎著『檸檬』に就いて
ユーモラスな面影
祝辞
冬彦流涕
第二次元の夢
辻野・中原二友を悼む
詩の中に
青春について
青春悔いあり
百田宗治の詩
晩年の萩原さん
中原中也の詩について
三好達治論
三好君のこと
その頃の三好君
『四季』のころ
忘れがたい風姿
詩人と奇術
三好君のこと
三好達治と中原中也
自顔自賛
老年の心理
帰郷の感
芸術と娯楽
夏空に浮ぶ詩情
作家の数学嫌い
元旦の思い出
『新思潮』の頃
木の芽どき
日本の悲劇
ライムライト
福寿草の芽
ラジオと季節感
青空学校
灰ふる街
煙草あれこれ
手術雑感
城の在る街と豊橋
十月の味
伊良湖岬
私のこわいもの
サワラの味
ハズバンド・スサイク

台所・厨房
蝿の話
弁当めし
冬の花
航海日記
雑篇
丸山薫
書簡
永遠の詩人
予見と幻影
薫の思い出1 出会い
同時代のころ
蝉川訪問
大きな人の大きな心
薫の思い出2 結婚
丸山君のこと
小学校時代の思い出
中野新山通り
田んぼの案山子
春来るまで

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る