高浜虚子論
鏡花の世界とその限界
島村抱月の評論
近代日本の作家と作品
近代日本の作家と作品
応召前後
近代日本の作家と作品
近代日本の作家と作品
近代日本の作家と作品
日本浪漫主義研究
日本浪漫主義研究
国木田独歩「武蔵野」
巖谷小波の少年文学
鏡花の鬼神力
子規と明治文学史
「落梅集」の境地と島崎藤村
「舞姫」と「普請中」の距離
自然主義研究
自然主義研究
現代作家論叢−新現実主義の人々
現代作家論叢−新現実主義の人々
現代作家論叢−新現実主義の人々
近代派文学の輪郭
いななく高原
校訂余言
穎原退蔵日記抄15 戦中の日々
門外の門人として
大将軍西町のことなど
穎原先生と山崎のこと
穎原退蔵日記抄16 時局を憂ふ
お筆塚の前で
京都女専のころ
『好色大神楽』と『日本永代蔵』
西鶴論考
西鶴武家物研究
古典と現代文学の接点
古典と現代文学の接点
古典と現代文学の接点
近世前期の文学
近世前期の文学
近代日本文学の展望
近代日本文学に描かれた男女関係の一類型
歴史小説研究
自然主義の意味
大正文学の背景
近代日本文学と市民精神
敗戦直後の短編小説
志賀直哉への批判の在り方
主情性の揚棄へ
現代文学諸相の概念
近代文学入門 補論
穎原退蔵日記抄6 養痾篭居
丈草のことなど
蕉門俳人の逸句
先生の温顔
穎原退蔵日記抄7 天理出講
御縁に触れて
一つの復古運動
『さくらの実』の縁
穎原退蔵日記抄8 事変の跫音
柔らかな心の学者
穎原先生を想ふ
連歌と徒然草
穎原退蔵日記抄9 彫心半蔵
穎原さんのかすかな思い出
杉風が別墅
生涯を決する師
穎原退蔵日記抄11 春近し
穎前・穎後
其角と去来
ある春の一日
穎原退蔵日記抄12 講壇復帰
穎原博士と連句
「雲の峰」句解
忽亡三十余年
穎原退蔵日記抄13 開戦前後
あるめぐり逢い
俳諧絵解事始
穎原先生三題
穎原退蔵日記抄14 警報下の学芸
思い出は生々と
毬剥けば
同郷のゑにし
父と子供たち
穎原退蔵日記抄20 稔りの秋
街ち兼ねた別巻
第十四巻「古版前句付解題」補注
郷党の先人を想う
穎原退蔵日記抄21 終焉の年
穎原さんの功績
穎原博士の故郷を訪ねて
校訂余言
潁原退蔵日記抄1 わが生立ちの追憶
潁原さんの思い出
潁原退蔵日記抄2 学生時代
碧梧桐の書入れ本『蕪村全集』について
解釈の健康度
『蕪村』から『近代句珠』へ
芭蕉の〈猿〉
穎原先生の肖像写真

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る