魚島という言葉
讃岐方言について
江戸時代前期の小説
仮名草子
仮名草子の三教一致的思想について
近世怪異小説の一源流
碧梧桐氏を憶ふ
蕪村研究家としての碧梧桐氏
蕪村を追うて
天明俳諧の性格
蕪村の離俗論
春風馬堤曲の源流
夜半亭巴人
与謝蕪村
蕪村の人と芸術
百川の俳歴
蕪村の俳仙図
蕪村と百川
俳画
太祇
太祇資料
召波−詩人柳宏
大魯
一本亭芙蓉花
道立
「其雪影」「続明烏」解題
「新雑談集」はしがき
「遊子行」「よし野紀行」解題
「己酉初懐紙」解説
宰町は蕪村の前号か
蕪村の句集について
寺村家の蕪村遺稿
蕪村に関する新資料
雑俳前史
雑俳川柳史考
川柳の文芸性
古版前句附解題
江戸座高点附句解題
雑俳書解説
川柳雑俳用語考
「三冊子」について
「旅寝論」解説
「芭蕉翁十六篇」について
「俳諧十六篇」の作者
宇鹿の「附句十四体」
芭蕉の言葉
「貝おほひ」の一写本
鼾の図
芭蕉翁行脚掟
「松葉集」
前句附点者としての芭蕉
芭蕉と門人
其角
嵐雪
丈草
去来・丈草・凡兆
去来私考
落柿舎
薄塚−去来と長崎
凡兆
支考
許六
杉風
野玻
越人
北枝
惟然
路通
園女
去来の遺著−特に「去来抄」について
蕪村俳句新講
旅人と菜の花
蕪村の連句−牡丹の巻
季題観念の発生
芭蕉俳諧に於ける季節感
俳諧の「季」
季の問題
季の問題と連句
芭蕉と老荘
芭蕉と旅
旅と芭蕉
「貝おほひ」 一,二
芭蕉と寿貞
芭蕉の像
芭蕉の書画
芭蕉の真蹟
芭蕉と竹
芭蕉の逸話
芭蕉の言行
芭蕉断片
京都と芭蕉
芭蕉と京都−寂・しをりと軽み
芭蕉と大阪−二百五十回忌にちなみて
正覚寺の芭蕉塚−「谷木因のことども」を読んで
芭蕉の句集について
「芭蕉一代集」の不審抄について
誤伝された芭蕉の句
芭蕉俳句出典考
「音頭集」中の宗房の句
宗因一座の芭蕉連句

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る