古句評釈
俳句の鑑賞
古句の鑑賞
芭蕉俳句新講 上下巻
連句解説
蕉風の連句論
連句の基本的構造
新連句提唱
維舟と立圃との確執
貞門・談林の論争と俳論
大阪の俳諧
俳文の研究
享保俳諧の三中心
「五色墨」結成の史的意義
俳家尺牘
未得・玄札・高政・松意・常矩
西山宗因
絶景万国博覧会
西山宗因の連歌
西山宗因の連歌補考
宗因・西鶴・惟中
西鶴の俳歴
鬼貫の俳諧精神
祇空
柳虚−過渡期の人
紀逸と許人
暮柳舎希因
涼袋の俳歴
大江丸の人物と俳諧観
俳人としての秋成
長翠雑記
一茶の句と方言
季吟の一夜庵再興賛
鬼貫漫筆
当麻行
落柿舎と金福寺
青蘿の金毘羅詣
「生玉万句」解説
「江戸大坂通し馬」解題
筑紫海−長崎最古の俳書
「俳諧生駒堂」解説
「八重一重」について−西鶴に関する新資料
「印南野」解説
余情の文学
余情の美学
追憶と余情
表現の二重性
俳諧の笑
江戸時代の風刺文芸
戯作の精神−近代意識の一発露として
近代文芸と万葉集
忠臣蔵と江戸文芸
近世の文芸に描かれた長崎
俳諧と茶
古俳諧と炭
江戸文芸史
日本文学書目解説−上方・江戸時代
近世末期文芸の世界観
連歌史 1,2
現存最古の長連歌
連歌学書の二三について
良基の連歌論
宗祇の宣草・老葉・下草
宗祇の俳諧百韻
校本犬筑波集
犬筑波集
犬筑波集鑑賞
徒然草解説
俳諧文学
俳諧史の研究
元禄俳檀史
天明俳諧史
俳諧の発生
享保時代俳諧史
俳諧論戦史 正続
俳論史
俳論書要目
帝塚山風物誌
金胃人
南印度洋の悲歌
奇獄囚「ビルマ亀」
新宝島綺譚
翼ある運河
パンテレリア島覆没陰謀
颱風グァムにあり
航続海底二万哩
暗黒星
ウクライナの女密使
熱海魔
ベーリング海底隧道
深海の囚虜
南島貿易風
北洋の守り星
椰糖垂範記
南印度苦力
その前夜
ソロモンの南
会議派殿下
成層圏魔城
マライ西遊記

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る