職業経歴の分析
社会階層と移動における地域の役割 出身地と居住地
学歴社会仮説の検討
教育アスピレーションと職業アスピレーション
社会的地位形成過程における教育の役割
階層意識と階級意識
政党支持とその変化の分析
職業の魅力評価の分析
トインビーの国際政治観
トインビーとベトナム戦争
学会でのトインビー評価
日本の貧困
食生活の改善と食糧事情
住宅の貧困と住宅政策
社会資本整備の立ち遅れ
所得分配と富の分布
社会福祉論の課題
医療以外の社会保障
現代における社会学の危機
米国におけるテンニエス研究の一方向 カーンマン、ヤコビイらによる最近の評価的解釈を中心に
初期ジンメルの社会学的思考
ジンメルにおける二元論と相互作用理論
支配の諸類型とエートス-M・ウェーバーのばあい-
現象学と理解社会学 A.シュッツとM.ウェーバー
M.ウェーバーとE.フロム 歴史における「合理」と「非合理」の社会心理
サン・シモンのライフ・ヒストリー断面
他者と自由 社会的存在の意味
「甘え」と「いき」の社会構造 地域比較を中心に
カフカの社会学
日本の階層構造の要約と今後の研究課題
マックス・ウェーバーにおける前近代的支配-封建制と家産制-
資本主義精神起源論に関する二つの立場-ウェーバーとブレンターノ-
マックス・ウェーバーと音楽
マックス・ヴェーバー「経済史」について
マックス・ウェーバーの都市研究
マックス・ヴェーバーの古代経済史研究における「オイコス」と「クリエンテーラ」、ならびにヴェーバーにおける類型と発展の概念に…
刑法総論
生産力と人間類型-近代資本主義発達史研究の基礎論点-
マルクスとヴェーバーとの対話 ヴェーバー研究の進展に寄せて
マックス・ウェーバーと日本の社会科学-日本におけるウェーバー研究の動向-
マックス・ウェーバーの人と思想と学問
ウェーバーとヤスパース-世界史における宗教の意味-
GRUNDRISS DER SOZIALOKONOMIK(社会経済学講座)の編纂者としてのマックス・ウェーバー
マックス・ウェーバーの学説
戦前における日本のヴェーバー研究
マックス・ウェーバーの人間観-合理的なるものと非合理的なるもの-
マックス・ウェーバー
ウェーバー「古代ユダヤ教」研究序説
トインビーにおける中国と日本
トインビーのインド観
日本文明史の構造
第一次メッセニア戦争期のスパルタ
ドラコンの国制
テミストクレスの建艦
デロス同盟の目的と性格
アテナイにおける市民権と市民権詐称
古典期クレタにおける女子相続権の位置
I.G.II2.2776の成立年代とその背景-ローマ帝政期下アテーナイの社会経済史を研究するための手掛りとして-
土地法における家畜の問題
鶏肋
リーウィウスにおける外民族のPRINCIPESとローマ
補助軍兵士に交付されたディプローマの考察 元首政期におけるローマ市民権↓
いわゆる「アリステアス書簡」における王権論について
原始キリスト教におけるポリス観 イェルサレムの歴史と理念の展望を中心として-
価値意識の変貌 心理学的アプローチ
産業化と階層構造の変動
豊かな社会と新しい社会問題
高度経済成長と生活の質
日本人の意識と国民性の変遷過程 文化人類学的アプローチ
歴史的社会的学問特に経済学の方法論に就て-マックス・ウェーバーを中心として
マックス・ウェーバーの方法論への出立
因果性問題を中心とするウェーバー方法論の研究
マックス・ウェーバーにおける「客観性」の意味
「明治」の確立
日露戦争前後
日露戦争前後
日露戦争前後
大正デモクラシーと大衆
震災・暗い谷間・戦火の中で
荒廃・混迷の中で
結語
ユーバンク氏の欧米社会学の比較
荘園制の基本的性格と領主制 封建化の過程についての一考察
庄園と寄作人 墾田地系庄園の特質について
古代末期の在地領主制について 備後国太田庄下司の所領を中心として
地頭領主制と在家支配 肥後国人吉庄地頭相良氏を中心に
筒井順永とその時代 「大乗院寺社雑事記」を通じてみた一土豪の生涯
国衙領の名と在家について
辺境における「在家」の成立とその存在形態
鎌倉時代の農業経営について 封建的小農民形成の一考察
南北朝期における畿内の名主
室町後期の土地関係 越前国織田庄を中心に
中世における芸能座の形成 特に楽頭職を中心として
室町期における特権商人の動向 楠葉新衛門元次をめぐって
封建都市成立期の商人層
大乗院寺社雑事記について
ギリシァ重装歩兵(ホプリーテン)軍制の発展
職業的地位尺度の構成
婦人殊に妻の経済的社会的方面に於ける機能の消失について
朝鮮の族譜に就いて

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る