過去の扶養料
扶養審判の本質と機能
扶養義務の準拠法に関するわが国の解釈論の展開とその限界について
人工授精と体外授精
花脊の盆地
民法の共同相続規定と相続の現実
農家相続
祭祀財産の承継と相続
墓地使用権の性質とその承継と相続
相続契約−ドイツ民法におけるその中心的問題をめぐって−
相続回復請求権の性質
遺産分割請求権と相続回復請求権との関係
二重資格の相続人
配偶者の相続権
遺産の範囲
占有権の相続
債務の相続−可分債務の分割・不分割承継を中心として−
賃借権の相続
無体財産権の相続
損害賠償請求権の相続
合名会社の社員の地位の相続
具体的相続分算定のための遺産評価の基準時
いわゆる「寄与分」について
家族保護処分について
相続の準拠法
婚姻費用分担額算定の方法
法定単純承認
嫡出否認の訴と親子関係不存在確認の訴
親子関係の当事者の死亡と親子関係存否確認の訴
認知の訴えにおける父子関係の証明
非嫡出子の法的地位
虚偽の出生届の効力
虚偽の出生証明書を付してした出生届について
親子関係確定の準拠法
夫婦共同縁組
未成年養子の許可
特別養子制度(実子特例法など)の問題点
養子縁組の準拠法、管轄権および裁判の承認
親の権利と子の利益
父母の監護教育権と公教育
利益相反行為について
後見人の解任事由
児童虐待−その法的対応−
子殺しの実態
子殺しに対する法の役割−とくに刑法の視座からのアプローチ−
私的扶養と公的扶助−親族扶養優先の原則を中心に−
生活保持と生活扶助
親権者と親子間の扶養
多数当事者間の扶養関係−とくに義務者多数の場合について−
限定承認
戸籍公開とその限界について
創設的届出の不受理申出制度
内縁の保護−婚姻予約有効判決をめぐって−
別居制度について
フィリピン共和国憲法
「婚姻中自己の名で得た財産」の意義
家事労働の評価
夫婦財産に対する強制執行
婚姻の実質的成立要件の準拠法
欧米諸国における破綻主義立法の新展開について
欧米諸国における破綻主義立法の新展開について-フランス法を中心に
精神病離婚
有責配偶者からの離婚請求
婚姻破綻の原因の認定について
子の監護に関する処分の基準について
面接交渉権−その性質と効果−
子の引渡
子の引取請求について
財産分与の対象となる財産の範囲
離婚財産分与と慰謝料との関係
事実上の離婚
離婚の無効
配偶者の地位侵害による損害賠償請求−姦通による場合を中心として−
配偶者間の不法行為
家族間の不法行為
外国離婚判決承認の要件
いわゆる推定をうけない嫡出子
家族法の立法過程における法律家の役割
家族関係の契約化について-「身分から契約へ」の意味するもの-
老人福祉と家族法
夢の三郎
身分行為の理論−届出成立要件説批判の大要−
無効な身分行為の追認
家族法における事実の先行性
届出制度の意義と限界−婚姻の届出を中心として−
身分権の濫用
民法における家族の「一体性」概念
渉外家族法における本国法主義
家事事件と弁護士の職務−とくに離婚をめぐって−
訴訟事項と審判事項の限界−具体的相続分の決定など−
家事事件と人事訴訟の再検討−離婚争訟事件の非訟的処理を中心として
調停・審判前の仮の処分−家事審判と保全処分−
調停前置主義について
家事調停における法的解決と人間関係調整
家事調停とカウンセリング
後見人および後見監督人の選任と職務(続)
23条審判の諸問題−合意の性質・当事者適格など−
24条審判の諸問題
23条・24条審判の意義申立
家事債務の履行確保

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る