中世僧綱制と延暦寺
逃散の作法
「神皇正統記」における仏教
関東府小論−幕府との関係を中心に
中世東国における農民闘争とその基盤−鶴岡八幡宮領武蔵国佐々目郷を中心に
高野山領荘園支配と村落−鞆淵荘における分田支配の成立
足利将軍家の権力に関する一考察−伝奏の機能を通じて
伝奏と天皇−嘉吉の乱後における室町幕府と王朝権力について
近衛政家の日蓮宗信仰
中世後期における近江朽木氏の村落支配について
宇佐八幡宮における社司連署状の発生
豊後国臼杵町の建設をめぐって
戦後武将と鷹−太閤秀吉の日向鷹巣奉行設置をめぐって
豊臣政権の九州国分令について
画期としての雄略朝−稲荷山鉄剣銘付考
降臨伝承の再検討
衛生行政
地頭非法と片仮名言上状−紀伊国阿氏河荘
惣荘一揆の基盤と展開−播磨国矢野荘
武家代官排斥の闘争−備中国新見荘
松浦党の基盤と変質−肥前国宇野御厨
幕末期東北における一譜代小藩の動向−羽州上山藩の経済政策
近世初期、甲州系代官衆の系譜について-武田蔵前衆を中心に
常陸国宍戸藩の知行制
下野近世史の諸問題
「初期本陣」再論
享保期仙台藩農政についての覚書−大改一件
江戸周辺低地帯農村の水利とその維持管理−武蔵国葛飾郡東葛西領の場合-
松前交易における廻船の変遷過程について−主に船型の変遷と流通構造との関わりを中心に−
加賀藩における天明事件と豪商木屋藤右衛門家
仙台藩後期の経済政策−とくに「御国産物御仕法替」について
仙台藩国産統制仕法と商人資本−天明・寛政期を中心に−
松平定信の北地防備策と東北諸藩−とくに田名部村替問題を中心に
会津南山御蔵入地方の商品流通−買次問屋細井家の分析を中心として
安房勝山藩における酒造・酒小売をめぐる争論
加賀藩後期の在郷商人と城下町商人−文化期を中心として
県造小論−伊勢神宮との関係を中心として
平時国際公法
戦時国際公法
統計要論
予算論
最近の刑事政策 附陪審制度
世界連邦の提唱
早稲田講話
早稲田大学教旨
大学の起原と使命
学苑の計画
山の鳥類
改造期の政治学説
戦後の国際経済
文化主義と現今の思想問題
上代の聖徳太子伝に就て
三経義疏の根本精神
日本精神史上に於ける聖徳太子
太子説話の展開
社会事業と聖徳太子
仏教史上の聖徳太子
十七条の憲法訓読
やまと歌と琉歌 続
紙魚のうちより 古書出版苦心夜話
荘園開発のあとをさぐる−大和国池田荘
東国武士の基盤−上野国新田荘
湖の民と惣の自治−近江国菅浦
荘園制形成期の領主と農民−伊賀国黒田荘
京郊荘園の農民と荘家の一揆−山城国上久世荘
都市貴族の下向直務と中世村落−和泉国日根荘
インド人移民の道 その歴史的展開
〈インドへの道〉と〈イギリスへの道〉
アポロの杯
何でも見てやろう
アメリカと私
アメリカ報告
私自身のアメリカ
私のアメリカ
西洋の中の東洋
アメリカの音楽
何でも見てやろう(南米篇)
カナダ・エスキモー
このアメリカ
アメリカ夏象冬記
南アメリカ紀行
イースト・ハンプトンの優雅な日々
不動 1〜31(T3〜T5.10),
日本帝国憲法論
最新政治学
政治哲学概論
行政法総論
行政法各論
自治行政法
社会政策
農業政策
商業政策
西洋近世史
近代世界外交史
現代社会学
法学通論
刑法要論
商法要論
銀行論
音楽の奏でられる町

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る