伊達政宗
真田幸村
お市の方と淀殿
高杉晋作
徳川慶喜
彰義隊
遣唐使
歴史に求めるもの−「日本史探訪」の刊行に寄せて
歴史の現像を求めて−「日本史探訪」の刊行に寄せて
彰義隊
歴史と孤独−「日本史探訪」の刊行に寄せて
大伴家持
夏目漱石
源為朝
木曽義仲
徳川家康
支倉常長
大塩平八郎
佐渡金山
日本武尊
世阿弥
親鸞
本居宣長
緒方光琳
織田信長
豊臣秀吉
関ヶ原
八幡太郎
藤原三代
平清盛
平家流亡
井伊直弼
新選組
吉田松陰
坂本竜馬
勝海舟
白虎隊
学問は歴史に極まる−「日本史探訪」の刊行に寄せて
生きた歴史を−「日本史探訪」の制作に当たって
蒙古襲来
菅原道真
空海
平將門
紫式部
千利休
歴史の原点−「日本史探訪」の刊行によせて
西郷隆盛
宮本武蔵
安部磯雄
天草四郎
平賀源内
源頼朝
曽我兄弟
北条政子
運慶
出雲阿国
光悦
緒方洪庵
赤穂浪士
真島利行と漆の研究
八木秀次と電気通信工学
仁科芳雄と理化学研究所
湯川秀樹と素粒子論
本多光太郎と金属学の発達
二葉亭四迷と近代文学の出発
森鴎外と東西文学の融合
永井荷風と文明批評
岡倉天心と日本の覚醒
黒田清輝と近代洋画
藤田嗣治とエコールド・パリ
伊沢修二と唱歌教育
山田耕筰と日本の作曲
真山青果と劇術の探求
溝口健二と邦画の確立
西周と合理主義の導入
森有礼と国民教育
幸田露伴と東洋精神
夏目漱石と近代文学の確立
内藤湖南とシナ学
柳田国男と日本民俗学
津田左右吉と批判史学
鈴木大拙と禅の境位
矢内原忠雄と国際平和主義
小泉信三と新保守主義
中国史学
経済学
法医学
言語学
山川均と民主人民戦線
福沢諭吉とナショナリズム
中江兆民・知識人と政治
徳富蘇峰と平民主義
吉野作造とデモクラシーの煩悶
河上肇と求道の科学
大川周明と「アジア解放」
野呂栄太郎とマルクス主義
西田幾多郎と東洋的思想
三木清と不安の時代
小林秀雄と日本の近代
千家尊福と国家神道問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る