邪馬台国時代の土器(季刊邪馬台国43)
日本古代国家の起源と邪馬台国−田中史学と新古典主義−(国民会館叢書 51)
平安勅撰史書研究
古事記と日本国の世界的使命−甦る「生命の実相」神道篇−
邪馬台国をとらえなおす(講談社現代新書 2154)
大化改新の研究
日本中世史 日本文化名著選
大化改新 アテネ新書
律令国家と蝦夷
奈良・平安時代の文化と宗教
後宮と女官 教育社歴史新書
中世国家成立過程の研究
律令国家と農民
浮浪と盗賊 教育社歴史新書
遣唐使時代の日本と中国 日本・中国文化交流シンポジウム
木簡が語る日本の古代 岩波新書(黄版)
奈良・平安の都と長安-日中合同シンポジウム-
万葉挽歌と終末期古墳
鬼神への鎮魂歌 -謎・藤ノ木古墳と聖徳太子-
古事記・日本書紀(日本古典文庫 1)
新古代日本史
記紀神話と王権の祭り
古代の虫まつり
道教と日本の宮都 桓武天皇と遷都をめぐる謎
もう一つの高天原 -古代近江文化圏試論-
日本起源の謎を解く 天照大神は卑弥呼ではない
吉野ヶ里こそ邪馬台国-「魏志倭人伝」を正しく読む-
吉野ヶ里遺跡は語る
吉野ヶ里藤ノ木と古代東アジア -日中韓国際シンポジウム-
吉野ヶ里 -邪馬台国が見えてきた-
海のむこうから見た吉野ヶ里遺跡−卑弥呼の原像を求めて−
日本国家の成立(国民会館叢書 2)
古代の中国と日本
「古事記」と「日本書紀」の謎
邪馬台国はまちがいなく四国にあった
中国からみた古代日本
巨大古墳と伽耶文化−“空白”の四世紀・五世紀を探る−
倭の五王 岩波新書
古代を考える 出雲
古事記構想の研究
神々が明かす日本古代史の秘密
海の正倉院 沖ノ島−よみがえる建国の神々
日本古代史の検証
族長たちの墓碑銘 古事記誕生秘話
古事記が解いた古代史
古事記の達成
清張 古代史記
真説 建国史
蘇我氏と大和朝廷
木簡の社会史 -天平人の日常生活-
日本古代社会経済史研究
任那日本府と倭
日本古代造営史料の復原研究
血ぬられた大和王朝 聖徳太子とその母の謀略
大和政権の対外関係研究
古事記成立の研究
古事記の成立と構想
白村江の戦 -7世紀東アジアの動乱-
消された邪馬台国
出雲王朝は実在した
日本古代の氏の構造
白鳥伝説
異端日本古代史書の謎
古事記の世界観
古事記と日本書紀の検証
古代王権と氏族(古代史論集2)
総合研究 飛鳥文化
古代史論集 全3巻
関東の古代社会(古代史論集 1)
古代王権と氏族(古代史論集 2)
古代寺院と仏教(古代史論集 3)
新古事記伝 1,2 神代の巻,人世の巻(上)
扶桑樹呻吟記 壬申の乱
まぼろしの祝詞誕生 -古代史の実像を追う-
日本書紀の新年代解説
古代の日本とイラン
「耶馬壹国」はなかった
知られざる古代 正続
謎の北緯34度32分をゆく (知られざる古代 正)
龍王のきた道(知られざる古代 続)
神功皇后伝説の研究
空白の古代史 海・陸・山・道の視点から
三輪山伝承
卑弥呼新考
かぐや姫と古代史の謎
謎の出雲帝国 天孫一族に虐殺された出雲神族の怒り
東シナ海の道 -倭と倭種の世界-
秘められた日本古代史 -ホツマツタヘ-
ホツマツタヘ -秘められた日本古代史-
ペルシア文化渡来考 -シルクロードから飛鳥へ-
古代史論叢 上中下
日本古代王朝の思想と文化
女性のための古代史
古事記成立の研究 後宮と神祇官の文学
遺跡・遺物と古代史学
古事記全註釈 1〜7
耶馬壱国の完全資料 -「桓檀古記」は語る-(歴史と現代)
校註 古事記
論考記紀
耶馬台国に謎はない

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る