悪人往生思想の系譜
道元の護国思想について
叡尊の国家観−関東下向と蒙古来襲をめぐって−
初期真宗と神の問題
『立正治国論』と『妙法治世集』−中世日蓮僧の政治理念−
近世初期の仏教復古運動−鈴木正三とその周辺−
近世浄土宗の布教統制と布教者の姿勢
幕藩領主と遊行上人−岡山藩の場合−
五ヶ条の誓文と地方政治
「思想国難」と神社−大正期を中心として−
真宗仏教徒の戦争観−暁烏敏の場合−
血穢とケガレ−日本人の宗教意識の一面−
近代日本の知性に関する覚書き
下出積與博士年譜・著作目録
天平の光と影
聖武天皇とその時代
大仏建立
奈良仏教の成立と展開
天平の美術と東大寺
飛鳥京の仏教
「金光明経」の受容
帝国主義成立期の仏教
近代日本思想史における精神主義の位相
初期水平運動と真宗信仰−西光万吉を中心に−
真宗と部落差別
近世における大徳寺教団
近世の時宗について−中世との対比を中心に−
近世浄土宗における理想的僧侶像
二十四輩考
日向県藩における帯解き仏法の摘発と寺請
江戸の不動信仰−目黒不動の場合−
中将姫の願い
東本願寺と茶の湯
幕藩制国家の仏教統制−新寺禁止令をめぐって−
近世寺檀制度の成立について−幕府法令を中心に−
近世日蓮教団の本末関係−肥後六条門流を中心にして−
近世曹洞宗の本末制度について
近世曹洞宗僧録寺院の成立過程−遠江可睡斎の場合−
近世大坂の真宗寺院−都市寺院の形態と町人身分−
古代における山岳信仰と仏教
古代仏教における寺院統制
奈良時代の官僧について
承和期における転用国分寺について
日本の近代化と仏教者の動向
新仏教運動と精神主義の思想
近代の日蓮信奉と法華信仰
近代日本哲学者と仏教思想
近代日本文学者と仏教思想
近代民衆と仏教信仰
二葉憲香博士年譜・著作目録
飛鳥文化の形成
欽明朝の仏教伝承に関する一考察
呉原寺(竹林寺)とその遺構・遺物
『冥報記』に見られる因果応報の世界
西大寺旧蔵の金山寺香炉
唐前期における三綱について
律令体制成立下における道昭の仏教思想
行基の仏教運動
最澄の仏教とその歴史的立場
比叡山東塔・西塔の常行堂の興廃について
二十五三昧会と霊山院釈迦講
真宗教団における宗祖像の安置
蓮如の吉野の旅
中世後期の真宗と呪術
徂徠学における超越的権威の創出とその意義
西本願寺教団における公選議会の成立について
小哲学
紀年銘の記載形式に就いて−特に「造像銘記」を主材として
香様の起源と発展
正倉院御物年表と解説
正倉院御物の銘識に現れたる人名に就いて
古代版画概説
応用版画
蓮弁攷−資料−
右と左の問題−資料−
右袵左袵
忌中と忌明け
仏教の誕生と根本思想
仏教思想の歴史的展開
仏教の伝来と受容
一乗妙法の世界−最澄−
真言密教の世界−空海−
専修念仏の世界−法然−
絶対他力の世界−親鸞−
只管打坐の世界−道元−
法華題目の世界−日蓮−
釈迦念仏の世界−貞慶・高弁−
踊り念仏の世界−一遍−
郷村と町衆の世界−一向門徒と法華宗徒−
民衆禅の世界−正三・盤珪・無難・白隠−
近世仏教者の世界−鈴木正三・慈雲飲行・妙好人−
釈尊の過去世
近江石塔寺の調査
土塔に就いて
小塔供養の信仰−資料−
頭塔の復原
大御輪寺の籾塔と笹塔婆
三島家墓の構想−四十九院の石棚
碑伝に就いて−板碑との関係
仏塔研究調査の手引き

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る