塔の中心礎石の写真と実測図
仏具の沿革と新規格の仏具
密教と密教法具
密教法具概説
香炉について
井上家旧蔵の金山寺香炉
幡と華鬘
新発見の中尊寺天蓋その他
笈の研究
玉虫厨子の制作年代
奈良時代の文化圏に就いて
奈良時代の宗派組織に就いて
出土品より見たる奈良時代の文化
飛鳥奈良時代−仏教考古学−
奈良時代の染織技術
天平小裂の文様に就いて
奈良時代に於ける玉の種類と用途
一行有半
我国に於ける法華経書写の技巧に就いて
般若心経の遺品
越中日石寺裏山経塚
紀州比井崎王子蔵の経塚遺物
静岡県下の経塚遺物
伊勢朝熊山経塚
伊勢朝熊山経塚遺跡と石塔群
経筒の話
推古仏を納入せる経筒
永久四年在銘の経塔
元興寺極楽坊発見の柿経
滑石経に就いて
瓦経の研究
我国版経の発達
修験道と東北文化及び山寺の笹塔婆
我国発見の銅版経に就いて
経典を調査する場合の予備知識
本邦古塔概説
日本に於ける塔の層数と教義との関係
我国に於ける塔形の種類と其系統
仏塔の変遷
日本仏塔の研究
塔−塔婆・スパーツ
塔の中心礎石の研究
法隆寺五重塔空洞の意義
崇福寺心礎納置品
再び龍華学人に與ふ
仏像のよろい
光明本尊の発生と衰廃
六字名号あれこれ
本地垂迹の起源と発展
熊野曼荼羅に就いて
御正体と懸仏
十一面観音鏡像−平治元年在銘−
天寿国曼荼羅の復元に就いて
両界曼荼羅の意味と高雄曼荼羅の復元
聖徳太子尊形の諸相
日本仏教と繍仏
我国発見の?K仏に就いて
写経と日本文化
柳のような超高層
法華義疏の裝?ウに就いて
奈良時代の写経に就いて
奈良時代の写経の特質
発句経
摂津大門寺一切経に就いて
藤原写経の性格
厳島平家納経と藤原末期の信仰
遠州本興寺の古本法華経に就いて
中尊寺金銀交書経
中尊寺金銀一切経の見返し絵
中尊寺蔵最勝王経々塔曼荼羅
博物館の校倉(大般若経納置の為の経庫)
いつ、どこで生まれたか
磐梯山恵日寺探訪
布目瓦の時代判定
?G先瓦考
日本の鬼瓦に就いて
法隆寺金堂天井板の落書
法隆寺五重塔の落書と壁画
伽藍配置の変遷
飛鳥時代の寺院に就いて
四天王寺式配置伽藍の地割法に就いて
奈良時代の寺院組織に就いて
藤原時代の寺院の特異性に就いて
伽藍式より見たる天台宗と真言宗
無常感と無常観
真宗寺院の形態
日蓮宗寺院の形態
国分寺跡の発掘と研究
出雲国分寺の発掘
崇福寺の遺趾に就いて 付梵釈寺址
我国に於ける仏教造像の変遷に就いて
奈良時代の密教とその仏像
我国に於ける観音信仰と清水寺
阿弥陀仏と大日如来
阿弥陀仏の造像に就いて
文殊菩薩紙張像
仏像光背の種類と変遷
仏像の眼−資料−
支那古寺に見る信仰生活
ルーテルと親鸞

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る