卍に就いて
封建・近代における鎌倉仏教の展開序文
院政期における別所の成立と活動
鎌倉時代の板碑にあらわれた信仰形態
親鸞への異端の思想
鎌倉時代における時衆教団とその構造
曹洞教団と南朝
中世における浄土宗鎮西義の展開
北陸における蓮如の活動
室町時代における日蓮宗寺院組織の構成
奉公人
戦国時代における播磨の真宗教団
石山戦争における越前一揆の意義
近世仏光寺教団における本末関係の特質
真宗禁教地域における特異講社
“精神主義”における自戒精神の系譜
国粋主義勃興期の島地黙雷
近世親鸞著述刊行目録
河内西琳寺伽藍の復元
丹波国周山廃寺
三河松韻寺址
美濃弥勒寺の発掘
金色堂の設計と遺体の安置
洛北名刹大悲山
明治真宗私塾学寮一覧
日本の精神と仏教
神道の新研究より見たる仏教
日本の仏教美術
印度仏教中心地の変遷
日本仏教に伸び来たれる世界観の史迹
アフガニスタンの仏教芸術
汎神論的特質の展開
弘法大師と伝教大師の道交
一向一揆の基礎概念
徳川幕府の仏教政策
郷土を基本とする仏教史
取組手鑑
役行者と密教
謡曲と仏教との交渉
五山文学の大観
王朝盛期の浄土文学
王朝貴族の信仰生活
藤原道長の信仰生活
和讃と御詠歌
文学者の見た仏教
国分寺建立問題の一二
明治文化史上の宗教新聞雑誌
日本仏教史学小史
仏教と現代生活
観世音に就いて
五山の話
再び東條道兄に質す
菩薩と菩薩信仰
大乗戒−インドから中国へ−
中国禅思想の展開−「平常無事」と「悟」−
仏教論理学の構造とその意義
存在論−存在と因果−
認識論−知覚の理論とその展開−
論理学−法称の論理学−
真理論−プラマーナとは何か−
言語哲学−アポーハ論−
全知者証明・輪廻の証明
刹那滅」論証−時間実体(タイム・サブスタンス)への挑戦−
明治仏教学界の大勢
明治時代に於ける真宗学の大勢
明治時代の仏教史研究
明治初年の寺小屋教育
仏教雑誌新聞年表
養?]松翁徹定門主
行誡上人と浄土宗伝法沿革
東陽円月師の滅罪論
足利義山師の二種深信説
明治時代に於ける「請求たのみ」の検討
小山憲栄師の学説に就いて
大谷光瑞師の西域探検
宗学研究法に就いて
明治時代の印度学
明治時代の支那仏教史研究に就きて
明治時代に於ける龍谷学庠
南北朝時期の国際関係と仏教
南北朝寺院遺跡と出土遺物
古代文化史のなかの飛鳥寺
飛鳥寺建立と渡来工人・僧侶たち−倭国における技能伝習の新局面−
飛鳥寺の塔とその思想
用明・崇峻期の政変と蘇我氏−飛鳥寺建立前夜の倭王権−
大乗仏教とは何か
経典研究の展開からみた大乗仏教
大乗仏教起源論の展望
大乗仏説論の一断面−『大乗荘厳経論』の視点から−
念仏
アフガニスタン写本からみた大乗仏教−大乗仏教資料論に代えて−
大乗仏教研究における漢訳仏典研究の意義
<原始華厳業経>の編纂過程−漢訳研究の現在から−
中国における教判の形成と展開
インド仏教思想史における大乗仏教−無と有との対話−
大乗仏教の成立
経典を創出する−大乗世界の出現−
大乗仏教における法滅と授記の役割−般若経を中心として−
変容するブッダ−仏伝のアクチュアリティとリアリティ−
上座部仏教と大乗仏教

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る