『末法灯明記』の撰述事情
参河国宝海天神社蔵の瓦経復原考
日本における中国浄土教受容の問題
中世における神話と歴史叙述−慈円の事績をめぐって−
東国仏教研究に関する覚書−鎌倉仏教における役割をめぐって−
源空の思想と教団
日蓮の描く日本仏教
対談 釈尊とイエス 上下
薩摩藩の初期真宗禁制政策
近世大坂の寺院形態と寺町
近世仏教の四民論−とくに商人教化の意味について−
縁起
捨世念仏者無能と『近代奥羽念仏験記』
妙好人妙性伝の研究
仰誓の立場と『親聞妙好人伝』
近世唯識研究の或る系譜についての評論
近世越後の持寄り檀家
真宗寺院と祭礼−湖西今堅田泉福寺の場合−
防長の陰陽師
近代仏教と社会事業従事者養成
「十五年戦争」下の仏教者
初期仏教教団と夜叉
クシャーナ時代の西北インドの仏教
アーンドラ地方仏教の一側面
賢愚経の密教
七世紀におけるドヴァーラヴァティーの仏教について
アルチ寺三層堂二階の曼荼羅
チベットの仏伝図−ラダック地方のラマ教文化調査の成果より−
ブリャート仏教史考証−
梁・北斉の居士陸法和
南朝仏寺考−梁代建立−
中国仏教と文殊信仰
唐代における僧侶の税役負担について
天台止観と禅−湛然教学の禅宗批判−
北宗禅と南宗禅−神会の北宗批判−
五重塔と現代建築(対談)
山家山外論争の発端
中国における禅と浄土教の間
チベットにおけるインド仏教と中国仏教との対論
漢蔵蒙訳仏典交渉の一断面−法成の『金光明最勝王経』の訳業まで
仏教伝来にさいしての諸問題
天台宗と法相宗の論争
最澄と空海のあいだ
源空浄土教とその批判
本覚思想に対する批判−証真・道元−
浄土・日蓮の宗論
真宗における異安心の問題
日蓮宗における不受不施論争
近代化にともなう教学論議−とくに浄土思想の解釈をめぐって−
富士戒壇論について
卒塔婆から御影堂へ−本願寺影堂成立考−
西蓮寺本『教行信証』について
北野天神縁起・同絵巻と浄土往生
中世丹後の時衆の盛衰−橋立道場萬福寺をめぐって−
尾張密蔵院史料について
根本仏教とは何か《総括論》
根本仏教とは何か《総括論》
初詣で
インドにおける大乗仏教の成立
初期大乗仏教の根本的立場
大乗仏教の発展と法華経
西・中央アジアの大乗仏教
中国仏教の性格
中国仏教の特質
朝鮮仏教の特質
チベットの大乗仏教
日本仏教の基調
鎌倉新仏教と本覚思想
仏教教団と戒律の形成
大乗教団のうつりかわり
インドにおける神の観念
インドにおける神と仏の交渉
中国宗教よりみた神と仏
神と仏−中国の場合−
日本における神の観念
日本における神と仏の交渉
江南と江北の仏教−菩薩弟子皇帝と皇帝即如来−
法華経をめぐる仏性論争
華厳・天台両乗の教学的交渉
仏教は如何にして支那に伝はりしか
白河院と法勝寺
無量寿経異訳缺本考
希臘のヘロドトスと竺法護訳の生経
千手千眼陀羅尼経の古本
父母恩重経の異本に就いて
十王経と十王図
大唐西域記の和訳本
高麗本を模倣せる活字版大蔵経に就いて
高野版の起源に関する一史料
和点本の古刻法華経に就いて
蓮如上人御一代聞書の研究
浄土曼陀羅の沿革
鳥羽僧正覚猷の戯画に関する一史料
応永版の十二天像に就いて
浮世絵に於ける宗教的要素
大津絵の仏像に就いて
根本仏教の学説
社会学的仏教研究
仏典の暗誦伝承
仏典の原初形態

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る