仮名草子の三教一致文芸について
怪異−近世怪異小説と仏教−
仏教思想と物語−「執念」−
釈尊伝
聖徳太子伝記−描かれる太子像をめぐって−
前生・出生
発心・出家
修行・教化
入滅・滅後
往生伝
神と仏−本地物語の原風景−
当麻寺創建説話の展開−当麻国見真人系縁起を中心に−
霊験・利益
絵巻
絵伝-韓国・曹溪寺大雄殿壁画「釈迦一代記図会」をめぐって−
絵解き−特に「観経変」と中将姫説話をめぐって−
讃歌
巡礼歌
今様歌
能−世阿弥と禅竹−
狂言
宴曲
幸若舞曲
琵琶語り
祭文の展開
歌論と仏教思想−古来風体抄と天台哲学−
釈教歌の成立と展開
西行
俊成
慈円
明恵の和歌−規範と逸脱−
契沖
連歌論と仏教思想
心敬−仏教思想と作品−
宗祇
俳論と仏教思想
芭蕉
一茶−親鸞教徒の文学−
因果応報−日本霊異記を中心にして−
宿世と諦念−源氏物語の場合−
愛欲と出離−蜻蛉日記と源氏物語を軸に−
神仏習合
怨霊
仏法と王法
末法濁世−鴨長明を中心として−
鎮魂と供犠−琵琶語りのトポロジー−
発心と偽悪−「発心集」の玄賓と増賀−
無常の自覚−兼好の著作を通して−
遁世と漂泊
感想録
懺悔と道心
話芸
日蓮書簡
正法眼蔵
『法華経』の思想と文学
浄土思想と文学
密教思想と文学
本覚思想と文学
禅と文学
唯識説と文学−京極為兼の和歌
親鸞の思想と近代文学
日蓮の思想と近代文学
禅と近代文学−漱石とその周辺を中心に
仏教と近代文学
仏教と戦後文学−文学としての仏教表現
法然
親鸞
道元−正法眼蔵随聞記−
日蓮遺文−その読み方をめぐって−
一遍・他阿の法語
蓮如−御文の表現を通して−
盤珪禅師かな法語
空海
虎関師錬・中巌円月
義堂周信・絶海中津
BUDDHISM & SCIENCE
寂室元光・一休宗純
元政
大愚良寛
竜樹の伝記とその流伝
無常観
法華経の説相図について
真宗の美術−主として肖像画について−
日蓮聖人画像の系譜
顔真卿の文芸と仏教
初期仏教美術とその基盤
インドの仏像のいくつかの型とそれらが東アジアに及ぼした影響
大乗論典の文学性
「真実語」について−仏教呪術の一側面−
SATAVAHANA朝の仏教石窟
インド中世における造形美術批評
太子成道経
破魔変文
降魔変文
大目乾連冥間救母変文
歓喜国王縁
醜女縁起
盧山遠公の話
舜子変
伍子胥変文

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る