平家物語と融通念仏−建礼門院の物語を中心に−
高野山の二十五三昧講式
日本の仏教文学
仏教文学とは何か
仏教文学の原点
仏教文学とは何か−対象と方法の問題について−
仏教文学とそうでないもの
天和聚訟記
仏教文学の形成−中世に焦点をあてて−
仏教文学をこう考える
旧仏教徒に警告せんか
死をみつめる心−『発心集』ノート−
観念と浄土の文学
『悲華経』の無諍念本生について
超絶主義の東洋思想−エマソンの詩と自然をめぐって−
近世の密教者たち−契沖と浄厳−
『太陽』と月の歌−アシジの聖フランシスコと西行−
仏教文学の概念規定とその諸問題
『日本霊異記』にみる末法
横川僧都の役割−浮舟の救いをめぐって−
『今昔』の法華持経者について
覚鑁作の講式とその関連和讃
『とはずがたり』と仏教
風雅−中世仏教と人間性との相剋−
「兼済」と「独善」−隠逸思想の一考察−
聖徳太子伝寛文刊本の成立
狂歌僧山果亭如雲舎紫笛拙堂攷
「初心」について
源氏物語における「罪の子」の問題
今昔物語集仏伝資料に関する覚書
清水観音の霊験譚
鴨長明の居住地と信仰について
平家物語における末法観の一考察
平家物語における重盛の信仰
日本における禅文学と季節感
時衆和讃の形式と展開
日記文学の一系譜−愛別離苦の文学−
鈴木正三と吉利支丹
平家物語潅頂巻について
日課念仏投宿編
仏教説話文学管見
源平盛衰記における仏教
金剛三昧院蔵『一遍念仏法語』について
宴曲の素材としての仏教
連歌と仏道
仏教と文学
敦煌変文の素材と日本文学
目蓮「地獄めぐり」説話の源流
観想の文学
源氏物語における宿世の因縁の表現のあり方
源信僧都の母の話
撰集抄における遁世思想
鎌倉時代の神宮参詣記
正法眼蔵の一語法
「ささめごと」に及ぼした「沙石集」の影響
六如庵釈慈周年譜
畜類償債譚
別本太子成道変文について
静照の『極楽遊意』
右中将成房の出家
慈円の釈教歌
無住と東福寺
心敬の連歌
『二人比丘尼』と『念仏草紙』−鈴木正三の念仏思想−
日蓮上人の文体−開目抄と消息から−
盤珪禅師説法
仏教と仏教文学
宣命における神仏習合思想について
源語作者の仏教知識−紫式部身辺の仏教者二人について−
更級日記における宗教的自覚過程
白隠
釈教歌考−八代集を中心に−
平家物語に於ける仏教説話について
宴曲と寺社−宴曲はどうして鎌倉幕府下に成立したか−
文学・仏教・中世をめぐる問題
絵解きと本願寺聖人親鸞伝絵
法語文芸
親鸞に関する中世の一談義本
目連救母変文の源流
紫式部日記に描かれたる仏教
「今様」に見る仏教
新古今歌風と中世仏教
妙音院師長の音楽と日本音楽史上の位置
平曲の成立についての一考察
平家物語序章の解釈
芭蕉文学の宗教性
『妙好人伝』とその作者たち
漸入仏道集
入竺僧慧超の詩想
聖徳太子片岡山飢者説話・慧慈悲歎説話考
『宇津保物語』の作者の仏教思想
栄花物語における仏教
中古説話集にみえる宿業観
法然の法語
釈迦文院本澄憲「表白集」をめぐって
平家物語における文覚像の造形
日蓮の人と文学
浮舟再生と横川僧都
迎講の一考察
慈円における人間観と教育思想

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る