人生最大の悦び−仏陀再誕
仏教文学研究の方法私見
仏教と説話と昔話をめぐる所感
「発心集」の説話配列
「発心集」本文をめぐる諸問題
往生譚の変質−往生伝と「発心集」を視座として−
長明と慶政−経文と説話と「作家」−
不浄観説話の背景
気がつけば寺の女房
ある往生の物語−恋故往生私解−
隠者の原型−玄賓像の形成−
医者から見た生と死
癌の告知
死後は就寝中の世界
心に準備なし
しもぶついんもらい
花は、今、咲き輝く
死を考える
素朴な確信へ回帰して死に向かう
メメント・モリ
癌と死
生きがい療法における死への対応
臓器移植の問題をめぐって
死に方は生き方による
明るく、楽しく、たくましく
氷の心、水の心
今日の一日に感謝する心
仏の光に出会えるとき
幸せになる三つの田んぼの話
愛あるめぐりあいを求めて
共に長生きしましょうよ
明らかに生きていくために
すべてを照らし続ける光
山岡鉄舟と白隠禅師
生きる意義のない人生はない
巻七第一話「我朝仏法王法縁起由来」
巻七第二話「聖徳太子事」
巻七第三話「行基菩薩事」
巻七第五話「智光頼光事」
参加
巻七第七話「慈覚大師事」
巻八第一話「役行者事」
龍樹と私
み仏の「いのち」のせかいに帰る
仏の解脱は患者にも学べる
現実の自己の生き方が問題
往生とは久遠のいのちに蘇ること
君こそ地獄へ行け
人間は仏さまの国に生まれる
極楽浄土を信ずるよりほかに道はない
藤井日達上人の声に接して
死後の世界を信じて生きる
生きているうちには死なれない
大日如来のふところにいだかれて
みごとに死を生きる
死は生を孕む
死に臨んでほほえむ人
随順して逆らわじ
いのちを見つめて
日本人と脳死問題
毎日が誕生日
死後の霊魂の有無は戯論
死を迎えるために
ターミナル・ケアとチーム医療
生命は死と出会うことはできない
「生前・死後」の世界
仏教者としての自省
死の不安への援助
死の告知はしない方がいい
生死を超える五つの提言
仏教に期待するもの
期待される死後の世界像
死に対する態度と人間のあり方
仏の心と人の心
抜かず
忍辱
心の備え
求道
筋を通す
継承
ありがとうの心
作務の精神
彫る
天地本源
師恩
平等な救い
お大師さま
忘己利他
仏教者は正しい生死観を
仏教の生死観に学ぶ
「ほとけ号」に乗りかえる
無執着にして死後世界を信ず
「お暇乞い」を忘れた門徒
生きながら死ぬ日々
毎日を臨終と決め飲み始め
仏祖・宗祖に会う楽しみ
すべて天地法界の綾模様
わが子と再会する世界
死ねば真実の自己がこたえてくれる
阿字の世界に帰っていく

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る