了誉聖冏の浄土思想
日本の禅と浄土教に及ぼせる永明延寿の影響
釈迦如来転法輪所・当極楽土東門中心
庶民信仰と浄土
宗教的決断における意思と時間
HEVAJRA-SADHANA について
Apurva覚え書(1)
古代イラン民族における「罪」と「滅び」
パタンジャリの煩悩思想をめぐって
SAMAYIKA:A JAIM PATH OF PURIFICATION
ケイ斎鹿画
阿毘達磨倶舎論随眠品とその称友疏との和訳
Klesa
心光浄説より心性光浄説へ
煩悩即菩提について
客塵煩悩−如来蔵思想と煩悩論−
梵文阿毘達磨集論における煩悩の諸定義
無明と真如との対論−華厳学における煩悩理解の一側面−
中国仏教の成立と罪意識
AN INTRODUCTORY STUDY OF THE DEGENERATION OF LAMAS
禅の原型
仏教における孤独と出会い−実存主義思想と対比しつつ−
天台哲学を中心としてみた絶対の探求
比較哲学の三つの型
THE FORMATION OF THE SELF IN BUDDHISM
I CHING METAPHYSICS AND BUDDHIST INTRODUCTION TO CHINA
THE CONCEPT OF ALAYA-VIJNANA IN PRE-T'ANG CHINESE BUDDHISM
THE DIMENSIONS OF PRACTICE IN HUA-YEN THOUGHT
CHIAO-P'AN AN ESSENTIAL FEATURE OF CHINESE BUDDHISM
A PREVIEW OF PROFESSOR YUKI'SESHIN YUISHIKI NO KENKYU,GEKAN
インド古典詩論史よりみたAGNI-PURANA の展開
BHASA戯曲にみえる月の比喩
浄土教の用語について
三種の浄土観
業説と本願思想
浄土と如来蔵
法華経に見られる浄土
綴方の話
「阿弥陀経」と「大阿弥陀経」
悲華経の浄土
大乗密厳経に説く密厳浄土
龍樹における浄仏国土と菩薩の行
浄土荘厳と宗教的主体
世親造『浄土論』の背景
中国における浄土観の受容について
人間像善導
明朝禅における浄業の行修
ニヤーヤ学派の解脱観と有神論
中国における哲人の詩について
中国仏教と精神生活
太平経成立の問題について
鳩摩羅什論−その仏教の江南拡大を中心として−
盧山慧遠の自然観念
三洞説と陸修静
梁武帝の捨道奉仏について疑う
慧遠と吉蔵
唐代法における奴隷の出家入道と奴隷解放
唐荊州玉泉寺大通禅師神秀考
三論元旨について−仏道両思想融合の一例−
唐末仏教の一齣−知玄とその周辺−
宋代の居士王日休と浄土教
元代仏道論争研究序説
唯識瑜伽行派の思想
開心法要と無為教
仏説 像法決疑経について
林邑僧仏哲(徹)について
平安初期における即身成仏思想の展開
平安初期における真言密教の南都進出について
二十五三昧式並びに同起請について
平家物語の仏教史的断面
日中両国浄土思想の相違性
念仏と見仏
寛元元年を境とする道元の思想
古代印度政治体制の研究-主として婆羅門古聖書を通じて見たる-
教行信証の真蹟本に就いて
親鸞的人生-「親鸞的世界」の序及び第一章
親鸞の宗教の成立に関する思想史的考察
道元の宗教の歴史的性格
日蓮の宗教の成立に関する思想史的考察
我が国に於ける仏基両教論争の哲学史的考察
結城令聞教授略年譜・著作目録
阿含に現れた経済観と経済圏の展開
ジャイナ資料より見たる無我と十二因縁
縁について
在家阿羅漢論
般若経における真如観について
九分十二部経の原型と大乗経典との関係
小風流
無量寿経のアヴァダーナ的性格
浄土教成立の背景的基盤について
中道と空見−「三諦偈」の解釈に関連して−
龍樹における見の把握とその超克
中辺分別論の題名
「識」に関する二つの見解−能変と能縁−
成唯識論における護法説の特色
真諦訳・攝大乗論世親釈における如来蔵説−宝性論との関連−
ミーマーンサー学派におけるアートマン論の基調
密教の思想
『婆沙論』設立の諸問題
THE KUAHAN SOCIETY AND THE LOTUS SUTRA

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る