中観派における二諦説と考察(VICARA)
衆同分と普遍の類似性
新資料VADHULA−ANVAKHYANAの伝える「PURURAVASとURUVASI」物語
インドにおける自己論の構造
VASICAMDANA−KAPPA考
「入菩提行論」禅定章の構成について−現行本に加えられた詩の役割−
大乗経典に引用される阿?n仏信仰の役割
「十二門論」における因中有果論・無果論の否定 1,
パーリ語経典韻文中のMANDARAについて 1,
コスモスの形と“幾何マンダラ”
言語学のマンダラ的考察
「日葡辞書」に記された子どもの姿
マハーヴァストゥ・アヴァダーナに表題のみ見せる長爪経の周辺
無能勝明王・明妃の成立と展開
仏母マーヤーと聖母マリア−二つの聖胎に係わる霊性と自然−
ゴーリ(Goli)ジャータカ図
根本説一切有部に説く生と死−「無常経」を中心として−
アランヤの空間定義
バラモンの帰依と仏塔崇拝の功徳−「ディヴィヤ・アヴァダーナ」第6章和訳−
授記物語における浄心(PRASADA)
現代インドにおける仏教徒コミュニティ−ナーグプル市を事例として−
ダルマキールティの認識手段二種論・マノーラタナンディンの解説
TATTVASAMGRAHAXXVI3427-3429について−特にJATAKAMALAとの関連から−
真言教学に於ける仏身観
生活を閉塞させる「診断・治療」への疑問−「病者」や「心のケア」としではない若者へのよりそい方−
幼児教育における仏の世界
「霊宝経目序」(「雲笈七籤」巻四)試訓
分析心理学におけるマンダラ象徴表現
宗教と人間の心−生なる存在とその所有に関する二、三の瞥見−
十九世紀末南インドから起きた仏教復興運動について
チベット文化圏の服飾文化について−とくに西チベット・インドヒマチャルプラディシュ州を中心に−
台湾東北部における葬送儀礼−宜蘭・黄氏葬祭記録−
鹿苑寺の食生活−禅宗寺院の食生活 2 「隔?昼L」
猿島坂東三十三観音霊場と巳歳総開帳−関東地方における札所総開帳の一例−
砂に仏の形をかきあらはして−仏画像小考−
古典文学にみる「曼荼羅」の諸相
後藤新平の亡品論について−六通の意見書を中心に−
「聖教」の伝承について−「顕揚聖教論」における−
カマラシーラによるダルマキールティの因果論の検証−ANAVAYA,VYARITAKAの吟味−
観自在菩薩の図像と説話−名古屋市立博物館蔵「カーランダ・ヴェーハ」装飾写本−
A VERSION OF THE NGOR MANDALA COLLECTION
前期仏教石窟寺院の諸相−パンハーレー・カージ仏教石窟の検討
シャル寺版チベット牧象図再考
西チベットにおける地中海世界起源の唐草文について−密教美術における「図像と様式」への一視点−
南詔・大理国時代の観音像の現存作例について−大理・崇聖寺千尋塔出土の尊像を中心にして−
韓国・慶州石窟庵の諸仏像に関する図像学的研究
慶州南山茸長渓法堂谷寺址出土の石造如来坐像について
河内長野金剛寺一切経管見−中間報告にかえて−
白河・鳥羽両院の白衣観音信仰とその造像
浄土三曼荼羅の再受容−平安時代における“古図の再受容”
少子化と次世代育成支援対策の現状について−枚方市における市町村行動計画の策定状況−
痴呆と喪失感
介護保険は定着したのか
障害者福祉施設再編に関する考察
懐円の見た阿字の活物
法相宗哲学思想概論
空海の造大輪田造船瀬所別当補任説をめぐって
延暦寺御修法「普賢延命大法」について
台密の三昧耶戒作法における「戒体」の構成−金胎合行式(天台現行式)について−
中世醍醐寺の聖教−「目録」と「抄物」−
個から総合へ−「経律異相」の構造−
新出・「銀山礼善寺・井原満行寺・矢上坂寺」巡錫記
「還浄」の出典解釈に関する批判的考察
金福寺の「略系図」をめぐって
御本尊「流記」考
大燈国師の寺規
毘盧遮那と釈迦−不空訳の解釈とその背景−
三種類の不二摩訶衍と三十三種法門の体系について
東南アジアに伝承された独自のジャータカ文学の発掘−大谷大学図書館所蔵パーリ語貝葉写本「パンニャーサジャータカ」の資料的意義−
南インドの転輪聖王の図像−マンダータル王説話図を中心に−
対立を超える
サンスクリット文「維摩経」動詞研究−bhuの用例−
曼荼羅と多様不二の論理
大日経疏における胎蔵マンダラ
マンダラは心を表しているか−ユングのマンダラ理解に関する一考察−
チベットにおける秘密集会第四潅頂の意味について−プトンとツォンカパの双入観の相違に関連して−
正倉院薬物「雄黄」と奈良仏教の呪法に関する覚書
頼瑜自筆の印信・書状について
空海思想の形成過程を探る
空海の本不生と本覚
漢訳経軌に見える入智
根来寺教学の流伝−天野山金剛寺聖教を中心として−
光明山における諸宗教交流の一側面−景雅の訓点を手懸りとして−
即−空海と道元をつなぐもの−
弘法大師の虚空蔵菩薩求聞持法 2,
叡尊上人と真言密教−「冥授三摩耶戒潅頂印信」をめぐって
神泉苑と五龍祭について
16〜17世紀のモンゴル宗教史におけるニーチ・トイン一世の生涯
古代中国思想からみた正系現図曼荼羅−曼荼羅に描かれたる植物−
「大清乾隆年敬造」の銘文を持つ仏像群−宝相楼仏像群に関する一考察−
仏頂尊勝陀羅尼を記銘・納入する仏像二例
西大寺流にみられる一尺四方の両界種子曼荼羅について
理性院の御産御祈と本尊画像
東寺国宝金剛盤と空海請来法具
金剛界基本三十七尊の時間差生起について−「金剛頂経」「摂無礙経」「菩提心論」を中心として−
密教法具の中のマンダラ
紫綾地金銀泥曼荼羅の意味
金銅製の曼荼羅について
「不空羂索神変真言経」「護摩安穏品」に説かれる護摩儀軌
AMOGHAPASAKALPARAJAにおける世間成就法儀軌と不空羂索観音につー

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る