宋代以降の道士による『老子』注について
博山炉と香−蓬莱山との関わりから−
玉局観をめぐる社会と信仰
台湾南部の奠安土ショウについて
吉益東洞『医方古言』の文献学的研究−『古書医言』研究の一環として−
『内経』の「三部所傷」および「傷蔵」について
『難経集註』について
『黄帝蝦蟇経』について
内経医学に於けるダン中と三焦
道教における水の身体論
アメリカン・ポップ・カルチャーにおけるもう一つのタオイズム
『仏祖統紀』の校正者について−南宋末仏教界の動向−
江戸における法然上人への布教活動−二十五霊場と御忌を中心に−
子が描く母の肖像−『金楼子』后妃篇について−
石崇・王羲之・陶淵明の<詩序>の比較考察
ミラレパ伝の変遷
「フィクション」と「ノンフィクション」の交差−蕭紅「子捨て」を読む−
コウルリッジと中国
チョーサーの説話と『今昔物語集』の中国説話
「アデンまで」「白い人」から『深い河』へ−遠藤周作における「酉」と「東」−
モートゥパッリとクリシュナパトナムの刻文に見る中世南インドの海港での外国貿易
中華人民共和国『語文』に見る暗誦教育
唐・太宗皇帝の書風について
『将門記』の叙述と文飾
多文化社会のメンタルヘルス
明治期の「幻燈」に関する研究
「シナ三人コントラバスもって」
UNDERSTANDING KUAN-YIN-SUTRA 観音経 ACCORDING TO T'IEN-T'AI DOCTRINE−CONTEMPLATION OF ALL THINGS AS MIND 観心 AND FAITH−
二つの「妙本」−『老子玄宗注』考−
『霊笈七籖』巻四「上清源統経目註序」管窺
仙女と仙媛−沈宋の文学と道教−
陳朴内丹説資料覚書
大疑団の果てに
「登山状」ノート 2
最重度障害者福祉の現状と課題
訳経における「訳」と「狄ゼ」
明清期における仏教神像の変容−四天王像を中心に−
唯識思想は観念論か?
ヒンドゥー教バーガヴァタ派における恥の一考察−バクティ信の一断面−
アジャーミラ物語−『バーガヴァタ・プラーナ』第六巻にみる称名−
チベット語訳『ビンビサーラ王迎仏経』について
竹中通庵『古今養性録』と貝原益軒『頤生輯要』『養生訓』
儒家の”勝利”と法家の”勝利”
明太祖の儒・仏・道三教政策の基調
李鏡池と現代の『周易』研究
「万物一体の仁」再考
神秘の山水−宗炳『画山水序』の思想−
敦煌写本「新集厳父教」について
『劉子』小考
呂不韋の評価と荻生徂徠のロマン主義について
ジョン・デューイの中国観をめぐって
王維の詩における音聲表現
敦煌出土「最妙勝定経」(旅順博物館蔵)
A FRAGMENT OF THE CATURAGAMOPADESA OF PARSVA?-SHT I.649−
北魏の廃仏と太武帝 1
三品の懺悔について
中国南朝における宮廷内仏教について
喪と忌の習俗
源氏物語と仏教−「夕顔」の巻における御獄信仰−
増上寺日鑑解題
台密栄朝流について−中世台密法流展開の一例−
聖光房弁長の菩提心について
学生僧先達育成の一考察
『末代念仏授手印』における五念門の位置付け
頼瑜の密教浄土教
中世の浄華院と金戒光明寺−特に霊宝類の変遷をめぐる諸問題−
聖冏教判成立考−随他扶宗の構成−
法然上人による「人中分陀利華」釈説示の意義−勝劣難易二義との関連をめぐって−
空海思想における四種法身と四種曼荼羅身について
近現代四国遍路と変化−遍路装束の変遷を通して−
SATAPATHABRAHMANA訳注(1.3.2−4)
『無量寿経』「一食之頃」(EKAPUROBHAKTENA)をめぐって
『法華経』方便品における法<DHARMA>について
二人のシャーキャムニ仏
「大衆部説出世部律・出家学処」写本について
「ADHISAMACARIKA」第2章(4〜7)試訳
唯識思想の比較思想的考察−比較の基準と方法論−
菩薩天子と如来天子
ON JAKUSHO
明治期浄土宗の韓国布教−三隅田持門の布教を通して−
「仏祖統紀」選述の場所−月波山慈悲普済寺と福泉山延寿王広福寺について−
「呪土経」と失訳陀羅尼経典について
弥陀弥勒両信仰について
天台智??における衆生論の展開−その五陰説をめぐって−
宿曜経と二十八宿について
如来蔵の思想
消費者視点の品質論
真宗と経済倫理
「人間宣言」から「門首制」まで
靖国神社の「脱宗教化」とは何か
なぜ他力なのか
私と歎異抄
「非常の言葉は常人の耳に入らず」
中世タミル商人ギルドの活動を記すコーヴィルパッティ刻文
三相と三自性
密教から見たランダの呪法
「文珠讃仏法身礼」の方円図について
王舎城と王たちの伝承
浄飯王の晩年 下−帰依と王権移譲−
ボロブドール建築の問題

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る