中世前期の茨城県北部における浄土教的世界
中世天台僧の学習-青春の日蓮と重ね合わせて-
日蓮誕生論-鎌倉新仏教における人権思想の萌芽-
日蓮撰「注法華経」の一考察
「法華取要抄」の成立
中世日本仏教に見る女人救済の諸相-日蓮を中心にして-
増補 天山ウイグル王の肖像をめぐって
教団論のための教学論
一条家伝「心眼流」剣術伝書の一考察
安心録
護法建策-明治1-
内外二憂録-慶応3-
諭童弁 上中下-慶応2-
正法華経読解覚え書 1,
グプタ期仏教史研究覚え書-スカンダグプタの周辺
神通力の思想
中国における浄土信仰と道家神仙説
東西文化伝播と中国史上の西方極楽浄土論
道宣の禅観思想
日蓮遺文「録外御書」の書誌学的考察
「某殿御返事」(折紙)の位置とその伝来-新発見の日蓮真蹟書状をめぐって-
日蓮遺文「諌暁八幡抄」の曽存真蹟
明治期における日蓮遺文集編纂の一考察
法華円教と一念三千
執権北条氏と「立正安国論」
転換期としての佐渡-台密批判との関連において-
「開目抄」の「二乗、一闡提」という表現をめぐって
日蓮教学における受難と滅罪
「金綱集」第三方等之事
直弟による日蓮聖人の尊称
重須談所の教育史的考察
古版の身延山図
嘯月「科註妙法蓮華経鈔」引載和歌考
近世大名の身延山参詣-伊予西条松平家の信仰と参詣形態を中心に-
声明と教化
近代における在家日蓮主義運動の一考察-小林一郎と山田三良を中心に-
宮沢賢治のマンダラ世界-その文学と人生における表現-
備忘漫録-明治3-
天台大師智??と湛然の思考
吐蕃時代のボン教学派について
アティシャの入蔵とガリのチベット仏教
東魏武定四年白玉菩薩立像
房山雷洞石経攷
売茶翁月海の三教思想
空海の対象僧としての最澄観
現代人の自殺と仏教の自殺観
現代観音説話考-イスカンダルのスターシャに寄せて
日蓮における「えらび」の思想
日蓮における日本史の知識と認識-鎌倉在住期の場合-
観心本尊抄における「本時」考
日蓮上人の「身延霊山」考-四山をめぐって
日蓮上人における一念三千名目出拠について
日蓮宗の三十番神
甲州における神道と日蓮宗との接触
「瑜伽論」摂決択分における五事・三性説(続編)
履善の信願観
西北インドの貨幣に現れた宗教・文化の融合
「大乗涅槃経」にあらわれた教団の危機
法華経寿量品如来秘密神通之力考
仏の教化-三仏国の弁-
わが国説話集に見る舌不焼読誦から髑髏読誦への推移-中国の仏教説話を通して
「華厳経」「法界品」における善知識について
道綽の聖浄二門判の根基-火宅と六道-
太子仏教における教化と実践の特質
無三宝処への道
法然上人の教化-時代社会に関わる真宗仏教の原理を考える-
求道の歴程-真宗の一門徒としての開法蔵の歩み-
他力回向の教学
蓮如上人の行化
浄土荘厳の現実的意義-時代社会に関わる真宗仏教の原理を考える-
真宗中興の花びら-蓮如上人と三道さん-
蓮如上人における教化の旗幟-後生の一大事-
蓮如と伝道
「蓮如」の世俗化と真宗門徒
アメリカのデス・エデュケーション事情
福祉における人間と仏教
季節風 -農村雑記-
聞の宗教
法華文句の有する独創性
智??教学における塵沙惑の研究
「法相宗」という宗名の再検討
唯識思想の先駆者
唯識説の種子義における恒随転と刹那滅
唯識三類境義の解釈に関する問題-慧沼の「唯識了義灯」を中心として-
「摂大乗論」の法身説についての慧沼の見解
異熟論考-教体との関係について-
法隆寺蔵・李?ヨ撰「唐故白馬寺主翻訳恵沼神塔碑」の伝来と善珠の書写について
仏道学
修道創意
テーラワーダ仏教における教化に関する種々相-タイの仏教を中心にして-
人類普遍の法と仏の教化-方法論的序説-
釈尊の在家者教化についての所伝
浄土教典にあらわれた「教化」と「仏道」
ゴータマ・ブッダの教化-ヒンドゥー教の思想家シャンカラとの比較について-
極楽(SUKHAVATI)における阿弥陀仏の教化
仏教王ジャヤヴァルマン七世
世親の「浄土論」の「広」「略」について
「ミリンダハー」(ミリンダ王の問い)における無我説について
「示教利喜」の意義-特に釈尊の説法教化において-
露珠閣叢書(形勢新聞)-明治2-

成田山仏教図書館蔵書目録総合リンク集へ戻る
成田山仏教図書館トップページへ戻る